体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

発泡酒でビールに一番近い淡麗グリーンラベル

発泡酒でビールに一番近い淡麗グリーンラベル

手頃な価格と豊富なラインナップで、今やビールを凌ぐ人気の発泡酒。各社からさまざまなコンセプトの商品が発売されていますが、果たしてどれを選ぶべきなのかでしょうか。そこで「コク・キレ・苦味」で各メーカーの売れ筋発泡酒を飲み比べ。発泡酒でビールに一番近かったのは「淡麗グリーンラベル」でした。

発泡酒の売れ筋商品をピックアップ

「糖質ゼロ」「飲み応え」「価格」など発泡酒を選ぶ基準は人それぞれ。とはいえ、数ある商品の中から選ばれている売れ筋商品には、何かしらの抜きん出た特徴があるはずです。

そこで、アサヒビール・キリン・サッポロビール・サントリーの各メーカーから、売れ筋の低糖質商品をピックアップ。編集部員が平日昼間から仕事を忘れて飲み比べを行い、その特徴をチェックしました。

「アサヒ スタイルフリー」は、糖質ゼロはうれしいけど、全体的にフラットな味というか、あまり特徴が無い印象の発泡酒。キレはあるものの、飲み応えは微妙…。他に比べて泡が少ないのも気になりました。

一番ビールに近くておいしい発泡酒

「極ZERO」はアルコール度数が高いからか、他に比べて“お酒感”が強く感じます。全体的に味が薄く、こういう味の別の飲み物という印象で、ビール党には物足りないでしょう。慣れればおいしく感じるかもしれません。

「淡麗グリーンラベル」は、全体的に味のバランスが良くて完成度が高い印象。一番ビールに近くて、おいしいと感じました。他に比べて泡がきめ細かいのもうれしいところ。毎日飲みたい発泡酒です。

「ザ・ブリュー」は、他に比べてあっさりしていて軽い味わいですが、やけに酸味が強く味は正直微妙でした。印象としては、ピッチャーで飲む時間の経ったビールのような味でしょうか。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。