ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

宇多田ヒカル「Forevermore」MVが100万再生突破! ダウンロード配信やメイキング映像公開もスタート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

TBS系 日曜劇場『ごめん、愛してる』主題歌としても話題の宇多田ヒカルの「Forevermore」のMV(Short Ver.)の再生回数が公開後約2週間で100万回を突破! 「フルバージョンが見たい!」というリクエストに応え、フルバージョンのダウンロード配信販売がiTunesなど主要配信サイトにてスタートした。
「Forevermore」MVキャプチャ (okmusic UP's)

さらに、GYAO!では、本MVのメイキング映像が公開。この映像は8月26日(土)に公開されるMUSIC ON! TV開局 20周年記念番組『【Forevermore】 Music Video Documentary』のダイジェスト版となっており、番組本編の放送を前に、宇多田ヒカルはもちろんのこと、Jamie-James Medina(ジェイミー・ジェームス・メディナ)監督や振付を担当したFukiko Takaseら制作スタッフのインタビューほか、制作の裏側の貴重な映像が楽しめる。

■「Forevermore」 ミュージックビデオダウンロード

・iTunes

https://itunes.apple.com/jp/music-video/forevermore/id1265676442

・mora

http://mora.jp/package/43000001/4547366325348/

・レコチョク

http://recochoku.com/s0/forevermore/

■GYAO! 「Forevermore」メイキング映像ダイジェスト

https://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10776/v0993900000000548854/
配信シングル「Forevermore」
配信中

¥250(税込)

■iTunes

https://itunes.apple.com/jp/album/id1258447983?at=10lpgB&ct=4547366320930_al&app=itunes

■mora ※ハイレゾ音源

http://mora.jp/package/43000001/4547366320916/

■レコチョク

http://recochoku.com/s0/forevermore/
MUSIC ON! TV開局20周年記念 特別企画『【Forevermore】Music Video Documentary』
2018年7月1日に開局20周年を迎える音楽チャンネル「MUSIC ON! TV(エムオン!)」は、これを記念して、同じく2018年にデビュー20周年を迎える宇多田ヒカルの最新曲『Forevermore』とのミュージックビデオ コラボレーション・プロジェクトを、今年7月より始動しました。プロジェクト第一弾は、「M-ON! 20th Anniversary MUSIC VIDEO作品」として、『Forevermore』のミュージックビデオをエムオン!が映像制作協力。続く第二弾では、ロンドンにおける本ミュージックビデオの撮影現場に密着し、宇多田ヒカル本人と周辺スタッフがこだわり抜く映像制作の過程が垣間見られるドキュメンタリー番組を制作し、8月に放送いたします。さらに、第三弾では本ミュージックビデオをフィーチャーした、放送局(ステーション)のイメージを表す映像「STATION ID」を8月下旬より公開。第四弾ではスペシャルポスターを展開するなどして、エムオン!の開局20周年を彩ります。

『M-ON! 20th Anniversary×宇多田ヒカル 【Forevermore】 MUSIC VIDEO DOCUMENTARY』

初回放送:8月26日(土)22:00~23:00 

リピート放送:8月29日(火)21:00~22:00

『宇多田ヒカル特集』

初回放送:8月7日(月)23:00~24:00

リピート放送:8月14日(月)20:00~21:00、8月26日(土)23:00~24:00、8月29日(火)22:00~23:00

■エムオン!特設サイト

http://www.m-on.jp/utadahikaru/
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。