体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これぞ進化系育児!?「子育てシェアハウス」のメリット・デメリット

これぞ進化系育児!?「子育てシェアハウス」のメリット・デメリット
皆さんは、多世代で家事や育児をシェアして行う「子育てシェアハウス」という取り組みがあるのをご存知でしょうか?

 

学生のシェアハウスはよく耳にしますが、様々な事情により他人と協力して行う子育ての新しい形が、ネットでも話題になっています。

 

今回は、賛否両論ある子育てシェアハウスのメリット・デメリットを、医師と一緒に考えていきましょう。

 

 

 

 

子育てシェアハウスとは

子育てシェアハウスのメンバー

 

子どものいる家族を含む者同士が、一つの家を共有して住むケースを「子育てシェアハウス」と呼びます。

 

血縁関係のない者同士が、リビング・水回りなどを共有して住む「ルームシェア」や「シェアハウス」は日本でも徐々に普及しています。

 

 

子育てシェアハウス利用者のケース例

共働き夫婦

 

正確な統計はないですが、以下のようなケースが子育てシェアハウスの恩恵を感じやすいのではないかと考えられます。

 

・自分の両親、義両親などの援助を得られないが、共働きで育児をしている場合

・ひとり親の家庭

・一人っ子だが遊び相手が欲しい場合

など

 

 

子育てシェアハウスのメリット 

居住面積の広さ

シェアハウス

 

一家族だけでアパートやマンションを借りるよりも、共有面積を含めれば費用を押さえて、広い家に住むことができます。

 

家事・育児負担の軽減

育児

 

家事を分担し当番制などにすれば、家事から解放される時間を作ることもできます。

 

また、公平な制度を作ることができれば、一時的に育児を任せあうこともでき、育児の相談をしたり、一緒に出掛けたりすることで、孤独を感じる機会も減るかもしれません。

 

場合によっては、お金を出し合って家事手伝いやベビーシッターを雇うことも考えられます。

 

子どものコミュニケーション能力の向上

子供同士のコミュニケーション

 

子ども同士で遊んだりコミュニケーションすることで、発達を促す効果もあるかもしれません。

 

親以外の大人や、きょうだい以外の多様な年齢の子ども達と日常的に接することで、多様な価値観や考え方に触れることが期待できるかと思います。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。