体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

建設の仕事をする女性が増えている!? 25歳の「けんせつ小町」に密着!

建設業って、どんなイメージ? 男性しか働いていない? 筋肉ムキムキじゃないとムリ?

 

実は今、建設業界で活躍する女性が増えていて、さらに国土交通省が建設現場で働く女性を5年以内に2倍に増やそうと、さまざまな取り組みをしている。

 

このサイトでも紹介した「おうちクラブ」は、その一例。

 

さらに、建設業で働く女性を「けんせつ小町」と名付けて、もっと女性が活躍できる建設業を目指した活動をしている。

 

土木系、建築系など、あらゆる職種で女性を積極的に採用したり、女性管理職が5年間で2倍に増えるよう働きかけたり、女性が働きやすい現場へと環境を良くして、整備するマニュアルを作成。

 

それに伴い、企業側も、女性技術者・技能者が活躍できる環境づくりを始めているという。

 

では、実際、どんな女性が、どんな仕事をしているのだろう。

 

オフィスビル・病院・学校・集合住宅から大規模スタジアムまで、あらゆる分野の建築物を手がけている、株式会社 竹中工務店に入社して3年めで、作業所・工事担当の山本千尋さんの仕事現場を訪ねてみた。

【進路選び】建築士試験の受験は建築系の大学卒業が近道だった

 

【就職のきっかけ】大きな建物をつくりたくて建設会社に就職

 

【仕事内容】現場監督として施工管理をするのが仕事

 

【仕事のやりがい】自分の指示で大きな建物ができていく達成感!

 

【職場の現状】女性が働きやすい現場になってきている

 

【今の目標】自分の指示だけで建物を完成させたい!

 

【進路選び】建築士試験の受験は建築系の大学卒業が近道だった

 

建設の仕事をする女性が増えている!? 25歳の「けんせつ小町」に密着!

 

新聞の折り込み広告に入っている住宅の間取りの図面を見るのが好きだったという山本さん。

 

設計に興味を持ち、建築士の資格を目指して、工業大学の工学部建築工学科に進学した。 「小さいころは、よくシルバニアファミリーで遊んでいて、家具の配置を決めたりするのが好きだったんです。

 

だから、高校へ進学する時点で、将来は建築士になりたいと考えていましたね。

 

そのため、大学も迷わず工業大学へ入学。

 

建築系の大学を卒業すれば、建築士試験の受験資格にある実務経験が軽減されるので、資格を取るためには近道と言えます」

 

工業大学というと女子は数えるほどしかいないイメージがあるが、山本さんが通っていた工学部建築工学科は、4分の1くらいが女子。 「大学には全国から学生が集まっていて、設計ひとつでも、いろいろな人のいろいろなデザインがある。

 

私にはない発想に驚かされることもあり、すごく刺激になったんです。

 

当然、建築関係の道に進む人が多いから、大学で得た人脈は仕事に就いてからも役立っています」

 

【就職のきっかけ】大きな建物をつくりたくて建設会社に就職

 

建設の仕事をする女性が増えている!? 25歳の「けんせつ小町」に密着!

 

大学で建築を学ぶなか、会社に入ったら建物の設計よりも、建設現場で仕事をするほうが向いていると思うようになった山本さん。

 

「大きな建物をつくりたい」「国際的なイベントにかかわる建物を手掛けたい」とあこがれて、株式会社 竹中工務店に就職した。

  「最初の1年間は、新入社員約200人が全員同じ寮で生活をして、人によって違いはありますが、私の場合は作業所・設計部・調達部を約4カ月ずつ研修。

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。