体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新生活に節約&健康を! ベランダでずっと収穫できる超簡単な野菜作り

120410yasai01.jpg

新生活で1人暮らしをはじめた皆さんに応援の意味も込めて、今回は手をかけなくてもラクラクと栽培できるプランター野菜作りをご紹介したいと思います!

写真はわが家のプランターです。他にも栽培しているのですが、とにかくラクなものをピックアップして写してみました。

どれも食べるために栽培しています。

これらにかかった費用の内訳はこうなりました。

【写真にのっているものの材料費】
・プランター1セット 200円×3=600円
・種(山東菜・ベビーリーフ) 各100円
・野菜用培養土「有機野菜の土」14リットル 600円前後

 
写真にはネギも写っていますが、ネギは市販のネギを食べた後に残る根元の白い部分を土に挿しただけです。水をやれば勝手にどんどん生えてくるので、種は使わず無料なんです。

聞き慣れないかもしれませんが、山東菜という菜っ葉は不結球白菜で味も白菜のようにあっさりとしていて、虫にも強くおすすめです。

山東菜にはビタミンCや食物繊維、カルシウム、鉄等のミネラル成分を多く含むので女性に嬉しいですよね。

あと私の買ったベビーリーフの袋には、小松菜・青梗菜・水菜・大根などの種がミックスで入っていました。これらの葉が10センチ以上になったら、根元は残し、1枚1枚収穫してサラダにして食べています。

写真のものは全部、去年から越冬もしてずっと生え続けています。生えてはこまめに収穫して食べていると、延々と長持ちするのが嬉しいですよね。

肥料なし、有機野菜用の土を使用し、東向きベランダの条件の元で栽培しました。

その他、プチトマトピーマンナスも越冬はできませんでしたが、意外と簡単でおすすめです。

野菜は買うと高いですが、ベランダ栽培なら初期費用も安くあがります。そのうえ、無農薬野菜を収穫後すぐに食べることができるという贅沢な日々を過ごすことも可能ですので、皆様是非試してみてくださいね。

JA全農ふくれん

(chick)



(マイスピ)記事関連リンク
パワフルな栄養素が詰まってる! イチゴは美肌フルーツだった!?
札幌のマクロビスイーツ[ヘルスピ・ロックンロール]
春を快適に過ごす秘訣は栄養摂取にあり! 花粉症に打ち勝つ簡単レシピ

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。