ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フジロックを3日見たDAOKOが選んだベストアクト

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

フジロックを3日見たDAOKOが選んだベストアクト
J-WAVEで放送中の番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。8月13日(日)のオンエアは、DAOKOさんをお迎えしました。

DAOKOさんは、昨年9月以来、約1年ぶりの出演。中学3年生のときに音楽を始めて、高校3年のときにデビューを果たし、現在は20歳です。「『人生の4分の1は音楽をやってるんだ』と思うと、グッときます」と言うDAOKOさんに、クリス・ペプラーは「私にとってはほんの数年ですよ」とポツリ(笑)。

そんなDAOKOさんは、昨年と今年にFUJI ROCK FESTIVALに足を運んだそうです。昨年は初めて行ったそうですが、観ようとしていたBeckには間に合わず、結局、SQUAREPUSHERだけを観てきたそうです。今年は、前夜祭からしっかりと楽しんだとか。「ロケーションにも魅せられたし、それぞれの人が音楽だけを聴いているわけじゃなくて、ご飯も楽しんだり貴重な経験になりました」とのこと。ちなみに、DAOKOさんから見た“ベストアクト”を聞いたところ、Thundercatという答えが返ってきました。非常に感動したそうです。

ところで、DAOKOさんはJ-WAVEの深夜の音楽番組「SONAR MUSIC」(月曜―木曜 23時30分―25時)の火曜日にナビゲーターの藤田琢己と共に出演しています。喋り続けていくうちに、ナチュラルに話せるようになったそうで「喋り続けることって大事ですね」と一言。さらに、クリスがラジオについてDAOKOさんにお聞きしました。

クリス:ラジオの魅力って何だと思いますか?
DAOKO:寂しくないっていうことですかね。ライブ感があって、一人でいるときもラジオを聴くとよく眠れたり、人肌感があって良いですよね。
クリス:テレビでは伝わってこないシズル感があるよね。
DAOKO:テレビでは出せない、人の魅力が出せますし。

そして、7月に開催されたJ-WAVE主催「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」では3日目のオープニングアクトを務めました!

DAOKO:横浜アリーナの規模でやったことがなかったので、ステージに立ってみてお客さんの熱気を感じましたし、こんなにたくさんのお客さんを目の前にするとこんなになるんだと思って、みんなに聞いてもらえて貴重でした。
クリス:大きなステージの方が緊張しない?
DAOKO:そう思いました。より「応えよう」っていう気持ちになりましたね!

と、ライブの模様を振り返りました。DAOKOさんは、8月16日(水)にニューシングル「打上花火」(DAOKO × 米津玄師)を発売します。18日(金)から公開される映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌になっていますので、映画と併せてチェックしてみてくださいね。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SAISON CARD TOKIO HOT 100」
放送日時:毎週日曜 13時−17時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。