体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

婚活「やったつもり」になってない?自己満婚活のワナと処方箋 by トイアンナ

婚活「やったつもり」になってない?自己満婚活のワナと処方箋 by トイアンナ f:id:zexyenmusubi_honnest:20170811065734j:plain

こんにちは、トイアンナです。婚活のご相談をうかがってはや数年。婚活を頑張れば「すぐゴールできる女性」と、「何年も続けなければならない女性」の見分けがつくようになりました。

婚活で苦戦する女性は必ずしも容姿や性格、年収で劣るわけではありません。漫画『美人が婚活してみたら』でも、美人が婚活したつもりで既婚者とマッチングしてしまったり「ピンとこない」からと素敵な男性を手放すシーンが登場します。たとえとんでもない美人であっても、婚活のやり方を間違えると迷走するのです。

ではなぜ婚活で苦戦するのか? 今回は「婚活をやってもやってもうまくいかない」と悩む女性にありがちな失敗2パターンを、婚活PDCAサイクルで例えながらご案内します。

今更だけど、PDCAサイクルって?

職場で「PDCAサイクル回してる?」と言い出す人が増えてきた一方で、本当はPDCAサイクルが何かボンヤリとしか把握していない方も多いのではないでしょうか。大丈夫、私もです。そこで1度PDCAサイクルをさらっとおさらいしてみましょう。

PDCAサイクルとは、物事を進めるうえでスムーズに企画立案するための考え方です。具体的には下記4つのプロセスを指します。

<簡単におさらい! PDCAサイクル>

P(Plan)
計画を練る

D(Do)
実行する

C(Check) 結果を確認する

A(Act)
改善案を出す

この工程をひたすら繰り返すことで戦略は改善され、精度が上がります。そしてここからが重要なところ。婚活はPDCAサイクルとの相性がいいプロジェクトなのです。「正しいやり方」が定まっているわけではない婚活において、PDCAサイクルはたとえ最初に合わないやり方を選んでも改善を繰り返し、どんどんマッチング率を上げられます。婚活でPDCAサイクルを回すなら、たとえばこんな感じになるでしょう。

<婚活版! PDCAサイクル>

P(Plan)
どこに行けば結婚したい男性に出会えるか考える

D(Do)
出会う

C(Check)
実際に出会えたかを確認

A(Act)
もっと出会えそうなやり方を考える

と、このサイクルを上手に回せればたとえ最初は「全然ピンとこなかった」女性でも、徐々に好みの男性ばかりいるフィールドを見つけ、成婚へ繋がるもの。短期間で成婚できている女性は、無意識にPDCAサイクルを回していることが少なくありません。

逆に言えば、婚活で苦戦しがちな女性はPDCAのどこかが崩壊しており、好みの男性に出会いづらい「自己満婚活」をしているのです。そこで、ここからは典型的な自己満婚活2パターンを見てみましょう。

それ、出会いにカウントするの? DDDD型サイクル

婚活迷走女子に一番多いのは、ひたすら出会いを繰り返し「いい人がいない」と悲しむDDDDサイクルの自己満婚活です。

たとえばあなたが理系の研究所に勤務するおとなしい青年に出会いたいとしましょう。そこであなたは合コンを100回やったとします。しかしおとなしい青年は合コンに来たがらないので、いくら合コンをしても理想の彼に出会えません。合コンで疲弊したあなたは「もういい人なんて既婚者ばっかり」と、合コンに来たチャラい男性へ失望しながらつぶやきます……。

なお、リクルートブライダル総研の『婚活実態調査2017』(リクルートブライダル総研調べ)によれば、結婚につながる出会いのトップ5は仕事、学校、友達の紹介、趣味を通じた習い事、そしてアプリ/SNSとなっています。

1 2次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。