体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2人に1人が高齢者。南相馬市で始まった「オンライン診療」の現場とは?

玄関前の七夕飾り。駅に向かって歩く中学生。道路にはためく、伝統行事「相馬野馬追(そうまのまおい)」の旗。2017年7月、福島県南相馬市の小高駅前には、随所に人々の生活の匂いが漂い、復興への歩みを感じさせる。


2016年7月、約5年ぶりに営業を再開した小高駅

南相馬市が東京電力福島第一原発の事故に伴う避難指示から解除されてほぼ1年。約2割の住民が帰還したが、現状ではその5割超が65歳以上の高齢者だ。

なかには、健康に不安があっても身体や交通などの事情から通院が難しいという人も多い。こうした事情を踏まえて、南相馬市立小高病院ではタブレット端末を利用した「オンライン診療」を、5月よりスタートさせた。システムはメドレー社のオンライン診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」を活用し、タブレット端末と通信環境はKDDIが提供している。

「CLINICS」とは、インターネットを介して、診療の予約や問診、ビデオチャットによる診察、診察料の決済から薬・処方せんの配送までをワンストップで提供するオンライン診療アプリ。自宅や会社などにいながら診察を受けることができるため、多忙な人や、交通不便などのさまざまな都合で通院が困難な人でも治療が続けられるというシステムだ。2017年7月現在、内科や皮膚科、小児科といった500超の全国の医療機関に導入されており、医療機関のスムーズなオンライン診療をサポートしている。

現場の医師に聞く、オンライン診療のメリットとは?

現在の小高病院は、常勤医師1名と非常勤医師3名、週5日体制で、内科を中心とした初期診療を行っている。


小高病院のなかでも、比較的、被害が少なかった旧リハビリテーション棟を改築し、診療を再開

常勤医である藤井宏二先生は、週4日の外来と週2日の往診を担当。外来の1日あたりの平均患者数は11人と、震災前の10分の1程度になったそうだが、人手はまったく足りていない。そんな状況なら、オンライン診療の導入に期待を寄せていたのではと思いきや、話を聞いた当時は「画面越しに患者さんを診てなにがわかるのか、と高をくくっていた」という。ところが実際に利用してみて「病院での問診と同じか、それ以上のメリットを感じた」と、考え方も変わった。


常勤医の藤井宏二先生。ノートPCを通じて、オンライン診療を行う

「まず、患者さんの生活環境がわかるのが大きい。端末画面の背景には、患者さんの家の中が映るでしょう? たとえば、病院ではきっちりした印象だったのに、自宅の室内が妙に乱雑だったり、掃除が行き届いてなかったりということが見えると、『なにか異変が起きているのかも』と気づきやすくなります。生活環境を見ることは、ときに問診よりも多くの情報を受け取れる場合がありますからね。そして、オンライン診療では、問診よりもじっくりと患者さんに向き合っていると感じます。病院ならPCでカルテを見たり、聴診器を当てたりといろいろとやることがあるけど、オンライン診療はFace to Faceで画面を見て話さないと間が持たないから(笑)。『昨日、なに食べたの?』なんて、のどかな話もしてますよ」

画面に映った患者さんが、先生とつながった瞬間に笑顔になることも多いのだそう。

「本当にパッと表情が変わるの。病院で会ってもそんなことないんだけどね(笑)。自宅にいてリラックスしているから、精神的バリアが低いのかもしれません。その笑顔を見ているうちに、これでいいんだと思えるようになりました。慢性期の患者など疾患は限定されますが、オンラインでも十分な診療ができるという手応えを感じています。もちろん、往診の移動時間や移動コストが削減できるので、貴重な労働時間をより効率的に使えるようにもなりましたし、患者さんも通院する負担が大幅に減らせますほぼ全員が老老介護なので、介護する側にもメリットが大きい。みんなが喜ぶ画期的なシステムだと思いますね」

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。