ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

SF映画の名作『トータル・リコール』をコリン・ファレル主演でリメイク! 待望の予告編が公開へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
トータル・リコール

2012年8月、コリン・ファレル主演のSF映画『トータル・リコール』が公開されます。聞き覚えのあるこのタイトルですが、1990年に公開されたアーノルド・シュワルツェネッガー主演の名作映画『トータル・リコール』のリメイク作品なのです。

テレビでも何度となく放映されている前作。スキンヘッドの女性の顔が左右に開いて、中からシュワちゃんの顔がのぞくシーンは映画ファンならずともおなじみではないでしょうか。観れば誰しも印象に残る名シーンの数々はどうリメイクされているのか? 非常に気になります……!

キャストは主演のコリン・ファレルのほか、主人公の妻をケイト・ベッキンセール、主人公の記憶の鍵を握る女性をジェシカ・ビールが演じます。監督は『ダイ・ハード4.0』や『アンダーワールド』シリーズを手がけたレン・ワイズマンです。このたび公式サイトでは待望の予告編が公開され、『トータル・リコール』の新たな映像世界をちょっぴり垣間見ることができますよ。

『トータル・リコール』公式サイト http://www.totalrecall.jp/

映画『トータル・リコール』は今年8月10日(金)より、丸の内ピカデリーほかで全国ロードショーです。

<ストーリー>
“記憶”が簡単に売買される近未来。人びとは大きな戦争の果てに、わずかな土地で裕福なユーロメリカと貧しいニューアジアという二つの地域に分かれて暮らしていた。彼らは退屈な日常のなかで、刺激を求めてリコール社の人工記憶を買いに行き、不満を解消していた。ニューアジアに住む工場労働者のクエイドもその一人。工場で働く毎日にふと嫌気が差し人工記憶センター“リコール社”を訪れる。だが、彼の記憶が書き換えられようとしたそのとき、訳もわからぬままユーロメリカの連邦警察官の襲撃を受ける。そこで自分の知らぬ戦闘能力を知り、困惑するクエイド。混乱のなか帰宅した彼は、今度は妻のローリーに襲われる。「記憶を消され、新しい記憶を植えつけられただけ。ダグラス・クエイドなんて人間はこの世に存在しない」と話すローリーを振り切り逃げるクエイドは、その先に数々の謎のメッセージと共にメリーナと出会う。メリーナは信用できるのか? 友は信用できるのか? 自分の記憶は、どこからが本物なのか? 自分は誰なのか? ここは現実なのか? すべてを疑ったまま、クエイドは二つの地域の運命を握る戦いへと巻き込まれていく――。

[画像:『トータル・リコール』公式サイトより]

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。