体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワイヤレスマイクの周波数に大異変が起きた理由

ワイヤレスマイクの周波数に大異変が起きた理由

電源を切り忘れると、楽屋や舞台裏でのプライベートな会話を周囲に垂れ流すことになるのがワイヤレスマイク。マイクとスピーカーの間を電波でつなぐため、この漏れ電波が受信できてしまうのです。そんなワイヤレスマイクの周波数に今、大異変が起こっています。詳しく見ていきましょう。

ワイヤレスマイクの規格に大異変

ワイヤレスマイクには大きく分けて2つの用途があります。音質を重視したコンサートで使用するタイプと駅員がホームのアナウンスなどに使う音質を重視しない業務系のタイプです。

音質重視のタイプは特定ラジオマイクという免許を受けて使うもので、A規格とA2規格があります。B規格は免許不要で使えますが、コンサートで使用されるなど、音質重視のタイプです。音質を重視しない業務系は、C規格となります。

プライベートな会話まで聞こえてしまうコンサートワッチで狙うのは、A/A2規格とB規格になります。しかし今、ワイヤレスマイクのA/A2規格に大異変が起こっています。携帯電話の周波数不足を補うために、ワイヤレスマイクのA/A2規格と呼ばれる特定ラジオマイクの周波数帯が変波しているのです。

ワイヤレスマイクはプラチナバンド

主にコンサートで使われる音質の良いワイヤレスマイクは、テレビ局のFPU(無線中継伝送装置)と周波数を共用することを条件に、770~806MHzという幅広い周波数帯を使用していました。

この帯域はGHz帯に比べ、障害物に対して電波が回り込みやすいという特徴から「プラチナバンド」とも呼ばれています。そこで総務省は、このバンドを携帯電話会社に割当てるため、特定ラジオマイクを他の周波数帯へ移動させたのです。

それが「テレビホワイトスペース」と呼ばれる周波数帯である470~710MHz帯と、710~714MHz帯と1.2GHz帯の3つの周波数帯です。ただし、これら3つの帯域でワイヤレスマイクの受信対象となるのは、テレビホワイトスペースと710~714MHz。1.2GHz帯はデジタル方式だけなので、受信対象から外れることになります。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。