体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

濃厚チーズの「絶品タコライス」が食べられる沖縄バル

濃厚チーズの「絶品タコライス」が食べられる沖縄バル
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。8月14日の週は「沖縄気分を都内で感じる! タコライス特集!」と題して、沖縄発のウェブマガジン「ハブコネクション」の編集長、釣本忠勝さんにタコライス情報を紹介していただいています。8月14日(月)のオンエアでは、神保町にある沖縄クラフトビール&琉球バル「ガチマヤ」を紹介しました。

“琉球バル”というコンセプトで、沖縄のクラフトビールと料理が楽しめる、今までになかったスタイルのお店で、ランチメニューの「タコライスとミニ沖縄そば定食」はランチ激戦区の神田でも人気です。本州ではここでしか飲めないクラフトビールが多くあり、ランチタイムに「1杯なら…」という人もいるとか。

沖縄の方言で「食いしん坊」という意味の「ガチマヤ」は、沖縄県にある多数のクラフトビールを「本州の人にも生で楽しんで貰いたい」と立ち上げたお店なのだそうです。

タコライスには、自家製のタコミートと濃厚なチーズを使用し、サルサソースが別皿でついているので、自分で量を調節できます。

オススメのクラフトビールはというと、さっぱりとした飲みやすいクラフトビールからフルーツ系のビール、シークワーサーを使ったビールなどいろいろ提供しているそうですが、南都酒造所というメーカーのサンゴビール「アルト」は沖縄の玉泉洞の地下水を使いさっぱりとした味で、スパイシーなタコライスにキレのあるビールがぴったりだそう! クラフトビールをドラフトで飲める店は沖縄でも珍しく、料理にあうビールはスタッフの方に聞くと教えてくれるそうです。10種類ほどあるクラフトビールを飲み比べして、お気にりの1杯を見つけるのも楽しいかもしれませんね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会