体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

賞金総額150万円! 史上最強に豪華で敷居の低い漫画賞! 第3回ネーム大賞!

漫画界デビューへの足がかりとして存在する漫画賞。様々な形で数多くの漫画賞が催されています。誰もが未来のスターをいまかいまかと待ちわびているのです。

しかしながら漫画の完成原稿を仕上げるのは至難の業。たくさんの時間と労力が注がれる大変な作業です。事実なかなか気軽に応募できるものではありません。

ではネームではどうでしょう。

ネームとは漫画を製作するうえでの、ベースとなる部分です。下書きのようなものを想像していただければ分かりやすいでしょうか。ペン入れは必要ありません。ベタもトーンも必要ありません。鉛筆で描いてそのまま出してください。

そんなネーム作品を素晴らしいプロの漫画家、著名人に審査、講評を貰えて、そのうえなんと賞金までもらえる。そんな都市伝説のような幻のオーパーツのような漫画賞があったらどうしますか!? もう応募するしかないでしょうよー!!

それがなんと幻ではありません! 実在するんです!

漫画 on Webが主催する『第3回ネーム大賞』!!

応募方法は漫画 on Webにネーム作品のデータをメールで送るだけ! それだけ!

賞金総額はなんと150万円! しかも審査員が超豪華! 素晴らしい!!

石原まこちん 尾関高文(THE GEESE)  古泉智浩  郷田マモラ

外薗昌也 武富健治  鍋島雅治 ピョコタン 峰なゆか

見ル野栄司 村岡ユウ 山本英夫 (五十音順敬称略)

こんな第一線で活躍する方々に審査してもらえて講評までいただける機会なんてそうそうありませんよ! 編集さんに「ダメッ!」って言われたネームでも大歓迎♪ ネームだから審査員の講評を完成原稿作製時に活かすこともできますよね!

ネーム描いてアドバイス貰って作品のパワーアップに! 賞金もらってデビューへの軍資金にしてね!詳しくはこちら!

作品募集の締め切りは今月4月の30日まで!!

残り3週間、応募総数は二十数作品。あなたの作品もひょっとしてひょっとしちゃうかもよ~!?

4/15には審査についてニコニコ生放送予定です! 是非是非ご覧下さい♪漫画onWebコミュニティ

WEBマンガ新着情報「ガジェまん」 http://manga.getnews.jp/

ガジェまんの記事一覧をみる

記者:

WEBマンガ新着情報

ウェブサイト: http://manga.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。