ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ウルフルズ、25周年を祝うツアーが大盛況のうちに閉幕

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

デビュー25周年を迎え、11枚目のアルバム『人生』をリリースしたウルフルズが、そのアルバムを引っさげた「ウルフルズ ツアー2017 人生~デビュー25周年やな!せやせや!~」。各会場で大盛況を収めながら全12公演を駆け抜けた本ツアーが、8月13日(日)にサンパレスホール福岡で幕を閉じた。
8月13日(日)@サンパレスホール福岡 (okmusic UP's)

最新アルバムのジャケット写真にもある「人生」という文字をモチーフにした迫力ある舞台セットが組まれ、会場は開演前から観客の熱気に包まれる。会場BGMがフェードアウトし、客電が暗転されると、軽快なリズムとともにまずはサンコンJr.(Dr)が登場! 続いてジョンB(B)、ウルフルケイスケ(Gt)の順に登場し、「こいよ!」のイントロがスタート。歌始まりと同時に舞台に設置されたポップアップでトータス松本(Vo)が勢いよく登場すると会場はさらに熱気の渦となった。

デビュー曲「やぶれかぶれ」も序盤に披露されヒートアップしていくメンバー。観客に応えるかのように、「笑えれば」「それが答えだ!」などの代表曲を次々と披露。「それが答えだ!」ではトータス松本のダンスも披露され、会場は大盛り上がり! またMCでは、25周年を迎えられた事にメンバーそれぞれが、ファンに向けて感謝を自身の言葉で伝えた。

後半戦の「せやなせやせや人生は」ではトータス松本が派手な着物、金の扇子と豪華な衣装を着こなし登場。エネルギッシュな姿に観客は釘付けに! さらにライブは進み、「ガッツだぜ!!」が始まると観客が待っていましたと言わんばかりに大合唱。

『25周年、こうやって振り返ると色々な事を思い出します。またこうやってウルフルズをずっと続けて行きます。』 とトータス松本。最後は「バカヤロー」で本編を締めくくった。鳴り止まない拍手の中、アンコールでは「SUN SUN SUN’95」「ツギハギブギウギ」「バンザイ~好きでよかった~」を披露し、全20曲を披露した同ライブは大盛況の末、幕を閉じた。

また、この後、毎年恒例のウルフルズの野外ライブが大阪 万博記念公園もみじ川芝生広場にて開催される。今年は9月23日(土・祝)に開催が決定。今年のヤッサは25周年イヤーの集大成になるライブになる事間違いないので、是非チェックして頂きたい。

Photo by 石井亜希
【セットリスト】

1.こいよ!

2.やぶれかぶれ

3.すっとばす

4.おれを夢中にさせないで

5.笑えれば

6.それが答えだ!

7.しあわせ

8.迷ったら Do It

9.はげしくやさしく

10.せやなせやせや人生は

11.ガッツだぜ!!

12.ツーツーウラウラ

13.サムライソウル

14.ええねん

15.バカサバイバー

16.もーあかんブギ

17.バカヤロー

[ENCORE]

1.SUN SUN SUN’95

2. ツギハギブギウギ

3.バンザイ~好きでよかった~
『クリアアサヒ Presents OSAKAウルフルカーニバル ウルフルズがやって来る!ヤッサ2017 ~ウルフルズ25祭!!~』
9月23日(土・祝)  大阪・万博記念公園もみじ川芝生広場

※雨天決行・荒天中止

OPEN 13:30 / START 15:30

(ピクニックエリア入場→13:30 / スタンディングエリア→14:00)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。