体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桑田佳祐「オアシスと果樹園」MV&ビルボード公演のトレーラー映像公開

桑田佳祐「オアシスと果樹園」MV&ビルボード公演のトレーラー映像公開

 8月23日にアルバム『がらくた』をリリースする桑田佳祐。今作に収録されるJTBのTVCMソング「オアシスと果樹園」のミュージックビデオが公開された。

 一足早く先行配信された、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』の主題歌である「若い広場」が様々なチャートを席巻している中、先日開催された【ROCK IN JAPAN FESTIVAL2017】に桑田佳祐が出演。アップテンポなサウンドとポップセンス炸裂のメロディが、約7万人の観客の心を鷲掴みにし熱い盛り上がりを見せた楽曲「オアシスと果樹園」の先行配信が、本日8月14日よりスタートとなった。

 同曲は、JTBの2017年TVCMソングとして書き下ろされた楽曲で、人生を旅に見立てて甘く切ない恋路を歌う歌詞と、アップテンポでダイナミックなサウンドが混ざり合い、これぞ桑田佳祐の真骨頂ともいうべき仕上がりだ。なお、今作の初回生産限定盤A、B、Cに同梱される桑田書き下ろしのエッセイ集「がらくたノート」の1篇には、CM撮影の日程が迫る中、締め切りに焦りながら曲を書いたという興味深いエピソードが記されている。このエピソードは、オフィシャルサイトでも公開されている。

 公開されたMV(https://youtu.be/PtpeHZUh8z8)では、桑田佳祐が“オアシス”“果樹園”を想起させるハワイの大自然の中で楽曲を熱唱するシーンを軸に、歌詞の世界観を表現するような甘酸っぱくもどこか切ない恋の記憶を表現した映像が交錯する。ノスタルジックな質感の主観的な映像により、それがまるで観る人の人生、記憶の一部をフラッシュバックしているかのように錯覚する映像に仕上がっている。夏の終わりの切なさ相まって、観る人の胸をキュッと締め付けること間違いなしの本作は必見だ。

 また、同MVでは、桑田佳祐史上初のBillboard Live TOKYOでの超プレミア公演から厳選収録したライブ映像のトレーラーも見ることができるので、ぜひチェックしてほしい。

◎リリース情報
アルバム『がらくた』
2017/8/23 RLEASE
<初回生産限定盤A(CD+Blu-ray+特製ブックレット)>
VIZL-1700 4,800円(tax out.)
<初回生産限定盤B(CD+DVD+特製ブックレット)>
VIZL-1701 4,500円(tax out.)
<初回生産限定盤C(CD+特製ブックレット)>
VIZL-1702 3,500円(tax out.)
<通常盤>
VICL-65000 3,300円(tax out.)
<アナログ盤(重量盤2LP/オリジナル特典「オリジナルB2ジャケットポスター」付/完全生産限定)>
VIJL-61800~1 4,300円(tax out.)
収録曲:
1.過ぎ去りし日々(ゴーイング・ダウン)
2.若い広場(平成29年度前期・NHK連続テレビ小説『ひよっこ』主題歌)
3.大河の一滴(UCC BLACK無糖TVCMソング)
4.簪 / かんざし
5.愛のプレリュード(JTB 2016 TVCMソング)
6.愛のささくれ~Nobody loves me(WOWOW 2017 TVCMソング)
7.君への手紙(映画『金メダル男』主題歌/WOWOW開局25周年CMソング)
8.サイテーのワル
9.百万本の赤い薔薇(フジテレビ系列 全国26局ネット『ユアタイム~あなたの時間~』テーマソング)
10.ほととぎす [杜鵑草]
11.オアシスと果樹園(JTB 2017 TVCMソング)
12.ヨシ子さん(WOWOW開局25周年CMソング)
13.Yin Yang(イヤン)(2013年 フジテレビ系木曜劇場『最高の離婚』主題歌)
14.あなたの夢を見ています
15.春まだ遠く

関連記事リンク(外部サイト)

サザンオールスターズ、38年ぶり『三ツ矢サイダー』夏のTVCMに出演
桑田佳祐、7月にビルボードライブ東京でひとり夏フェス(!?)【この夏、大人の夜遊び in 日本で一番垢抜けた場所!!】を開催
桑田佳祐、WOWOW新CM出演で“しがない”サラリーマンに 

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。