体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2017セイジ・オザワ松本フェスティバル】が開幕

【2017セイジ・オザワ松本フェスティバル】が開幕

 小澤征爾が総監督を務める【2017セイジ・オザワ松本フェスティバル】が、8月12日より開幕した。

【2017セイジ・オザワ松本フェスティバル】写真(全2枚)

 オープニングを務めたのは、【OMF室内楽勉強会~金管アンサンブル~発表会】。オーディションによって選ばれた10名の若手音楽家がサイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)メンバーの指導のもと約1週間にわたって合宿を行い、その成果を披露するというものだ。本公演は、8月12日に奥志賀高原・森の音楽堂、13日に松本市・あがたの森の2公演が行われ、13日の松本公演ではA.プログ「金管五重奏のための4つのスケッチ」や、「ジョン・ウィリアムズ スペシャルセレクション」など計9曲が披露された。

 【2017セイジ・オザワ松本フェスティバル】は1992年に小澤征爾が長野県松本市で創立した音楽祭。小澤の恩師である斎藤秀雄の名を冠して【サイトウ・キネン・フェスティバル】としてスタートし、2015年からは【2017セイジ・オザワ松本フェスティバル】と名前を変え毎夏開催されている。今年は9月10日まで開催され、内田光子、ナタリー・シュトゥッツマン、ファビオ・ルイージらが出演。小澤征爾は8月25日、27日に開催される【オーケストラコンサート Bプログラム】、9月1日に開催される【子どものための音楽会】、そして9月8日、10日に開催される【オーケストラコンサート Cプログラム】への出演が予定されている。

◎公演情報【2017セイジ・オザワ松本フェスティバル】
2017年8月12日~9月10日
キッセイ文化ホール、まつもと市民芸術館、ザ・ハーモニーホールほか
写真:山田毅

関連記事リンク(外部サイト)

2018小澤征爾音楽塾の演目決定、「子どもと魔法」「ジャンニ・スキッキ」
小澤征爾が初のグラミー賞受賞、「仲間たちとこの喜びを分かち合いたい」
小澤征爾、日本人として初めてケネディ・センター名誉賞を受賞

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。