ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

LAはフォトジェニックな壁であふれている

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

最近、Instagramでよく見かけるのが、フォトジェニックな壁の前で撮った写真。

一面ピンクの壁や、カラフルでアーティスティックな壁など、思わず「どこにあるんだろう?」と興味がわいてくるものばかり。

そんな壁を求める女子にとって、ロサンゼルスはまさに最高の場所。なぜなら、街のいたるところにストリートアートがあふれているから。

LAガールは、新しいストリートアートの情報をInstagramで見つければ、ときにはコメントで場所情報を得てまで、すぐに撮りにでかけるのです。

LAには、思わず写真に残したくなる印象的な壁がたくさん

Carlo Caccavaleさん(@carlocaccavale)がシェアした投稿 – 2017 7月 2 3:01午後 PDT

なにげなく通りを歩いているだけで、一度見たら忘れられない、フォトジェニックな壁を発見することができるロサンゼルス。

なかでも大人気なのが、「Paul Smith(ポール・スミス)」のピンクの壁です。

Rusty Dayさん(@citifarmer)がシェアした投稿 – 2017 6月 1 7:22午後 PDT

毎年6月のレインボープライドの時期には、壁がレインボーに彩られて話題になります。

S P A N K Iさん(@spankimills)がシェアした投稿 – 2017 7月 2 6:40午後 PDT

また、ロサンゼルスに点在する「ハートウォール」も一度は行ってみたいスポット。とくに、LAガール御用達のファッションストリート「アボットキニー通り」のハートウォールが有名です。

ロサンゼルスでは、いままで何もなかったような場所にも、急にストリートアートが出現するので、街に出る楽しみが増えました。

LAに点在する天使の羽の壁。秘められたメッセージって?

danniiminogueさん(@danniiminogue)がシェアした投稿 – 2017 6月 16 8:39午後 PDT

そんな数あるロサンゼルスのアートウォールのなかでも、とくに有名なのが天使の羽の壁です。

ロサンゼルス内には、いくつかの天使の壁があります。これらは、2012年に立ち上がったロサンゼルス発祥のプロジェクト「Global Angel Wings Project」によるストリートアート。

発起人はアーティストのColette Miller(コレット・ミラー)氏です。

天使の羽をモチーフにしたストリートアートを通して、「私たちはみんな、地球に舞い降りた天使」だということを表現しているとのこと。

彼女は、「異文化が混在するロサンゼルスから始まったこと」に、意味があると考えているのだそう。

RACHEL SHEVCHENKO•modelさん(@rachy2013_)がシェアした投稿 – 2017 6月 20 8:13午前 PDT

生活してみると、本当に多種多様な人種がいることを実感するロサンゼルス。

「文化や人種などのバックグラウンドは違えど、私たちはみな同じ」というメッセージが発信されるには、まさにふさわしい場所だといえます。

一度だけ、コレット氏の個展にて、彼女に会う機会がありました。アーティスティックな雰囲気をただよわせながらも、とても気さくな女性です。

「天使の羽アートのファンです」という私に対して、

「そう言ってくれてうれしい。あなたのような人を増やしていきたいわ」

と笑顔で話してくれました。

写真を撮ったり、見返したりするたびに、自然と笑顔になるストリートアート。

その笑顔こそが、ロサンゼルスにたくさんのストリートアートがあふれている理由なのかもしれません。

写真/Visual Hunt

こちらも読まれています

服はベーシック。スキンケアは全て持って行く。旅慣れ女子の旅のこだわり #sponsored

長生きしたいからお肉は我慢。でもやっぱりアイスは食べたいLAガール

寝るとき、ブラつけてる?

■ あわせて読みたい

あなたがハマりやすいのは恋愛? 仕事? #深層心理
セルライトだって見せちゃうヒラリー・ダフ「私にも欠点はあるわ!」 #kissmyass
朝、洗顔してる?
もう訪れてる? あなたの下半期のターニングポイント #心理テストまとめ
歌詞のシチュエーションを想像しながらおセンチになるのって楽しいっすよね。UNTITLED BY KIKUNO
人間関係そつなくこなせてる? あなたの大人力 #深層心理
男性から見たあなたの魔性度は? #深層心理

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。