体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【RSR2017】BLUE ENCOUNTが、雨の中新曲「SUMMER DIVE」を披露

【RSR2017】BLUE ENCOUNTが、雨の中新曲「SUMMER DIVE」を披露

 BLUE ENCOUNTが、8月11日、12日に開催された【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO】に初出演した。

 この夏だけで10本以上の夏フェスに出演する彼ら。この日は「Survivor」からライブがスタート。バンドを組んだ高校の頃からずっと憧れていたライジングサンに出演できた喜びを語るヴォーカルの田邊。雨の中集まってくれた人たちと最高の景色を見たいと、新曲の「SUMMER DIVE」が演奏される。この曲は夏フェスでお客さんと盛り上がれるようにと作られた曲で、タオルを振ったり回したり踊ったりとEARTH TENTに集まった人たちはバカ騒ぎ状態に。

 それでも足りないと、「盛り上がるだけだったらどこのステージでも、どこのフェスでもいいの! (俺らはライジングサンに)来たかったから来たの! あんたたちもそうでしょ? だったらそれ相応のパワー、一緒に使ってよ!」と興奮気味にマイクを強く握りしめて叫ぶ田邊。その言葉に大きな歓声があがる。

 「どんなバンドって思われてんのかわかんないけど、こんなバンドです。見ないとわかんねえんだよ。結構いいでしょ?(笑)。あんたを笑わすためにきました!」いつでもどこでも情報が手に入り、音楽が楽しめる今の時代に、日常を忘れられる空間で、顔と顔を合わせて音楽を楽しむこと。その喜びとかけがえなさが、ライジングサンにはある。ラストの「Answer」と「もっと光を」で、バンドの思いと、この場所に音楽を楽しみに集まった人の思いとが完全にひとつになり、BLUE ENCOUNTの熱いパフォーマンスが締めくくられた。

 なお、【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO】は2018年8月10日、11日に開催される。

◎公演情報
【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO】
2017年8月11日・12日
北海道小樽市・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
(C)RISING SUN ROCK FESTIVAL 撮影:藤川正典

関連記事リンク(外部サイト)

【RSR2017】スカパラがチバユウスケ(The Birthday)、YONCE(Suchmos)ら多彩なゲストとコラボ
【RSR 2017】B’z初出演、大ヒットチューン連発で3万人を一つに
【RSR 2017】清水ミチコがUA、YUKI、ゲスの極み乙女と1人フェスメドレー

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。