ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【RSR 2017】B’z初出演、大ヒットチューン連発で3万人を一つに

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【RSR 2017】B’z初出演、大ヒットチューン連発で3万人を一つに

 B’zが8月11日、12日に開催された【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO】に初出演を果たした。

 始まる前から期待が高まる。ステージには〈玲〉と刻まれた松本の白いアンプが16台(!)。それだけで壮観だ。ステージに松本が現れると、客席を両手で煽る。そのギターが鳴ると同時に、稲葉が現れ「さまよえる蒼い弾丸」からライブはスタート。もうフェス仕様で照れのない、誰もが知っている大ヒットチューンを連発。しかし客席に日和る感じはまったくなく、圧倒的な演奏力と、積み上げてきたバンドのグルーヴで、フェスで初めて彼らを見る客も虜にしていく。中でもベースのバリー・スパークス(元ドッケン)とドラムのシェーン・ガラースのリズム隊が凄まじい。稲葉がマラカスを振り、松本がセンターでギターを奏で、ルーズなグルーヴから披露した「有頂天」も、その懐の深さを感じさせた。

 「これがライジングサンロックフェスティバルか……すげえな。皆さん、素敵ですよ」と稲葉が口にする。そして「声を響かせてください」と叫ぶと、「裸足の女神」のイントロで、3万人の声がひとつになる。その後も「イチブトゼンブ」「Still Alive」と会場を盛り上げる。「juice」のコールアンドレスポンスでは、稲葉のハイトーンボイスについていけない客席に「適当でいいよ」と笑う、稲葉のお茶目さが出る一幕も(笑)。「ギリギリchop」では客席中がタオルを回し、ラストの「ultra soul」では、サビのあの部分になると、SUN STAGEの前方から、テントサイトの後ろの方まで、ぎっしり埋まった人たち、ほぼ全員がジャンプ。地面が揺れたと思うほど。とにかく圧巻なステージだった。

なお、【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO】は2018年8月10日、11日に開催される。

◎公演情報
【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO】
2017年8月11日・12日
北海道小樽市・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ

関連記事リンク(外部サイト)

【RSR2017】久保田利伸初出演で松山千春をカバー、「この大地が生んだ大名曲です」
【RSR2017】BLUE ENCOUNTが、雨の中新曲「SUMMER DIVE」を披露
【RSR2017】くるり、夜明けとともに披露した「太陽のブルース」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。