体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『わさビーフ味焼そば 大盛り』ファン歓喜の“あの粉”で味付け! 想像を裏切らない辛味焼きそばがファミマ系限定発売

沖縄ファミリーマート30周年を記念して、山芳製菓の大人気ポテトチップス「わさビーフ」が、カップ焼きそば『わさビーフ味焼そば 大盛り』になってファミリーマート・サークルK・サンクス限定で発売中だ。「わさビーフ」と焼そばなら相性は良さそうだが、お味のほどは?

沖縄の「わさビーフ」人気を背景に、沖縄ファミマ×山芳が初のカップ麺を開発!

『わさビーフ味焼そば 大盛り』(148gうち麺130g・税込228円・2017 年7月11日発売)は、株式会社沖縄ファミリーマート、エースコック株式会社、山芳製菓株式会社という3社の共同開発商品。

「わさビーフ」は全国的に見ると沖縄で圧倒的に支持率が高いんだとか。そのせいか沖縄ファミリーマートと山芳製菓は過去にもコラボ商品を発売してきた。ただし、それらはいずれもポテトチップスで、カップ麺でのコラボは初だという。

『わさビーフ味焼そば 大盛り』は、大盛りというだけあってズッシリと重い。パッケージには、いつも見ている「わさビーフ」のロゴをそのままに、わさびを持ったおなじみのキャラクター“わさっち”もデザインされており、否が応にも“わさビーフ味の焼きそば”だと一目でわかる。

 

「わさビーフ」の粉だけを舐めるチャンス!? ツーンが苦手な人は要注意! 

さっそくフタを開け、「かやく」「麺ほぐし香味油」「仕上げシーズニング」を取り出し、いつも通りに「かやく」を入れ、お湯を注いで3分待つ。

お湯を切り、「麺ほぐし香味油」をたっぷりと麺に回しかけたところで、とりあえず味見してみる。

薄い塩味の麺に、ほんのちょこっとのピリっと感。まだまだ“わさビーフっぽさ”はなく、やはり最後の「仕上げシーズニング」が味付けの要となるようだ。

「仕上げシーズニング」は、わさびを模した緑色かという予想に反して綺麗なオレンジ色。好奇心で舐めてみると、まさに「わさビーフ」のポテトチップに付いているあの粉だけを舐めた感じ。これは「わさビーフ」好きにはたまらない“魔法の粉”と言えそうだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。