体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ファタモルガーナの館』『セブンスコート』のノベクタクル、新作はTRPGライクRPG!その世界観やシステムに迫る

narkarma-eyecatch

Novectacleは10日、新作RPG『NarKarma EngineA -ナラカルマ・エンジネア -』のティザーサイトを公開した。アクセスの度に表示されるキャラクターがランダムに変化する仕組みで、執筆時現在は2人の主人公が登場。表示されるキャラクターは今後増えていくという。ティザーサイトではメインテーマ曲を聴くこともできるほか、1stティザームービーも公開されている。

『ナラカルマ・エンジネア』は、『ファタモルガーナの館』『セブンスコート』など、ノベルゲーム作品をリリースしてきた同サークルによる初のRPG。「主人公にもラスボスにもなるRPG」と謳われており、ティザームービーの「A TRPG-INSPIRED RPG」という記載も気になるところだ。本誌ではNovectacleへの取材により本作の資料を入手したので、現状ティザーサイトでは未公開の内容も交えて紹介する。なお、これらは制作中の内容のため、製品版では大きく変更される可能性もある点はご留意いただきたい。

「あなたの主人公は私の宿敵」――複数のルートで構成されるRPG

『ナラカルマ・エンジネア』の舞台となるのは、遙か彼方の地上に半人半獣<ケモン>が、遙か彼方の地下に機械人<キカ>が住み、地層には滅びたはずの文明が死者の夢によって再現され続けている世界。ストーリーは複数のルートで構成されており、ルートごとに主人公と目的が異なる。「あなたの主人公は私の宿敵」というキャッチコピーも付けられており、あるルートでは仲間だったキャラクターが別のルートでは敵……といった展開もあるようだ。ルートによって展開の変化のみならず、ゲーム全体に対する印象が大きく異なっていくように作られているという。
narkarma-yatono

主人公のひとり、半人半獣の男性「ヤノト」の設定画。彼の物語は最上層から始まる。当初、好奇心によって地層を探検していたヤノト達だが、やがて機械人と遭遇し……
narkarma-home

半人半獣の拠点(ホームプレイス)。こうした場所で仲間の入れ替えや装備品の購入、仲間との交流ができるとのこと
narkarma-akaru

主人公のひとり、機械人の女性「アカル」の設定画。彼女は魂をインストールされたアンドロイドで、自分たちのエネルギー源である「ネクタル鉱石」が枯渇してしまったため地上を目指すことになる
narkarma-ixta

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。