体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。8/14-8/20の運勢をチェック!

kyamera

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。

fortune reading KIRA(http://twitter.com/kineko8

photo Kyozan Ueda

あなたの星の出し方

 
まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。

例1976年生まれの場合

1+9+7+6=23

2+3=5

11-5=6

1976年生まれの人のナンバーは6になります。

ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

 8/14-8/20の運勢

1・水の星の人

8月の全体運
自分から進んで働きかけることで、可能性が拡がり、チャンスをつかめる幸運月です。前向きな思考、そして、人と人との「つながり」を何より大切にしましょう。
幸運を招く方角 西
ご利益フード  ショートケーキ

今週の運勢(8/14-8/20)
「コミュニケーション」が鍵となるタイミングです。今は人間関係が活発になる星回り。古くからの縁はもちろんですが、新しい縁に恵まれる可能性も高くなっているようです。いつもは、どちらかというと受け身や引っ込み思案の人も、勇気を出して自分の方から積極的に人と関わっていくようにしましょう。苦手だなと思う人がいたとしても、できるだけ相手の良いところを見つけようとする姿勢が大事。そんな風に、人のポジティブな面に目を向けることができるようになれば、自分自身の人間力を深めることにつながりそうです。
17日はラッキーデー。周りからの評価や成績が上がりやすい日。ひとつひとつを丁寧にこなしていくことが大切です。18日の社交運は好調で、さまざまな「縁」があちらこちらに転がっていそうな予感。交際に発展するような人との出会いも期待できそうです。

2・大地の星の人
8月の全体運
今まで取り組んできたことの成果があらわれやすい月です。自分自身を見つめ直すことで、今後の課題が見つかったり、何かしらの結論のようなものが出ることもありそうです。
ご利益フード  ミックスジュース

今週の運勢(8/14-8/20)
「やわらかい」といったことが鍵となるタイミングです。考え方が柔軟であったり、話し方が優しかったり、あたたかい雰囲気を醸し出したり。そういったやわらかさを意識することで、対人関係や物事の流れが、グッとスムーズになっていく予感です。話の主導権を握ろうとしたり、相手の意見を否定するよりも、「それもいいね」と受け止める心の余裕とか、度量の深さみたいなものを大切にしたいです。
14日はラッキーデー。社交性を発揮することで、仕事もプライベートも上手くいきそう。恋愛運も吉。自信のない人はコミュニケーションに長けた人を味方に付けてみて。17日の交際運は好調の様子。礼儀をわきまえた態度が好印象につながりそうです。19日は上司や先輩、親などからのアドバイスが役に立ちそうです。

3・雷の星の人
8月の全体運
スキルアップやステップアップが望める月です。仕事はもちろん、プライベートも休む間もないほど、忙しくなりそうです。借りられるのならば人の手はもちろん、猫の手も借りてしまいましょう。
ご利益フード  クラムチャウダー

今週の運勢(8/14-8/20)
仕事でも勉強でも趣味でも、あなたが今、一生懸命に取り組んでいることで、「結果」を出せたり、周りから一目置かれるような存在になることができるときです。その為には、責任を持つということが鍵となりそう。たとえば、趣味だとしたら、自分なりの目標を設定して、それをクリアする為に頑張るとか、単に楽しむだけではなく、きちんと後片づけてから帰るとか、そういったことでも良いかもしれません。自分がやれることを探して、それをやりとげる、そのプロセスを大切にしてみてください。
15日はラッキーデー。仕事運が好調の様子。投機的なことで利益が出る可能性も高くなっています。企画書などを提出してみるのも良さそうです。19日は裏方やサポート役に徹するのがオススメです。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy