ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

魚肉ソーセージの人生哲学。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
魚肉ソーセージの人生哲学。

魚肉ソーセージみたいなピンク色したキャラクター“Ketnipz”。進出鬼没なコイツの持ち味は、ぷっと吹き出してしまうシュールな小ネタ。

イラストはイギリス人アーティストHarry Hambleyによるもの。なんと彼、まだ18歳だとか。

妙に納得してしまう人生観
#1

魚肉ソーセージの人生哲学。

「ワオ」
「人生って短い」

「そして、痛みを伴うもの」

#2

魚肉ソーセージの人生哲学。

『死へ近づいているあなたへ、おめでとう!』

「ありがと…」

#3

魚肉ソーセージの人生哲学。

「メチャ忙しそうだね?」

「あなたのことを誇りに思うよ」
『働かなくても、ボス受けをよくする方法はコチラへ。boss.com』

#4

魚肉ソーセージの人生哲学。

「どこへ行くんだい?」

「どこでもない場所さ」

#5

魚肉ソーセージの人生哲学。

『アート』
『アート』
『アート』

『おなら』

#6

魚肉ソーセージの人生哲学。

「僕のヒザは」
「必要なんだ」
「そよ風がね」

#7

魚肉ソーセージの人生哲学。

『マイルド』
『ワイルド』

#8

魚肉ソーセージの人生哲学。

「簡単じゃないんだな」
「チーズでいることは…」

#9

魚肉ソーセージの人生哲学。

「本日は…」
「ハナ金!」

#10

魚肉ソーセージの人生哲学。

「じゃ、人生から退かせてもらうよ。アリガト」

日々是好日。

独特な世界観は、人生の哀れを感じさせてくれたり、どことなく共感してしまったり。

「絵を描く理由?深刻になることなく感情を表現できるから。どんなに最悪な日であっても、このキャラでみんなを応援したいんです」

若いのに表現者としてしっかりとした考えを持つHarry。もっと、彼を知りたければ、Instagramでチェック。一息つける。Licensed material used with permission by ketnipz

関連記事リンク(外部サイト)

ああ、人生は矛盾だらけ。日々の小さな葛藤をイラストで表現してみた
19歳が独学で描いた「3Dアート」に驚きの声が続出・・・
「僕は僕でありたい」。10歳の哲学少年バオくんが今、考えていること

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。