ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本遺産のまち「尾道」をマウンテンバイクで攻める。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
日本遺産のまち「尾道」をマウンテンバイクで攻める。

坂のまち、古寺のまち、スロー&ヘルシーグルメのまち。「尾道」に、いま注目している人は多いと思う。そんな、伝統と最新がバランスよくブレンドされているこの街で「自転車」と聞いたら、しまなみ海道のサイクリングをイメージするかもしれない。

でも今回紹介するのは、そのイメージよりもだいぶアグレッシブ。

聖なる(ホーリー)な自転車レースが開催されるのだ。日本遺産のまち「尾道」をマウンテンバイクで攻める。

Hiroyuki Nakagawa/Red Bull Content Pool

公道を含む1.3kmを
一気に駆け下りる

日本遺産のまち「尾道」をマウンテンバイクで攻める。

Suguru Saito / Red Bull Content Pool

なぜ、ホーリーなのか。それは尾道市の「千光寺山周辺」がコースになるから。なんでも、高低差約100m、最大斜度約30度、下る石段は約300段、全長約1,300mというダイナミックな設定になっているという。

マウンテンバイクを使ったダウンヒルレース「Red Bull Holy Ride」は、今年2017年で6回目で、これまでにも京都の石清水八幡宮や、愛媛の石鎚神社本社、大阪の応頂山勝尾など、さまざまな“聖なる地”で行われている。

尾道は昨年に続き2年連続の開催となるが、まさに「伝統と最新」「坂のまち」として、会場にふさわしいのではないだろうか。日本遺産のまち「尾道」をマウンテンバイクで攻める。

Suguru Saito / Red Bull Content Pool

とくに今年は、募集開始から4時間で定員達成するほどライダーたちに人気で、13歳〜61歳までの男女150人が集結。

北は茨城から南は熊本まで、さまざまな地域の人が尾道に集まってくる予定だそうだ。

市も後援しているこのイベント。観戦も無料だし、尾道に遊びにいくきっかけにしては十分すぎる。

昨年の様子は、こちらから。

Red Bull Holy  Ride 2017
(レッドブル・ホーリーライド 2017)

日時:2017年8月27日(日)10:30〜16:30
会場:広島県尾道市千光寺山周辺
イベント観戦:無料

Top Photo by Hiroyuki Nakagawa/Red Bull Content PoolLicensed material used with permission by Red Bull Content Pool

関連記事リンク(外部サイト)

ミシュラン一つ星プロデューサーが手がける、尾道市のDINING OUTが待ち遠しい!
Red Bull(24本)を使って、物々交換をしながらヨーロッパを旅するレースが楽しそう!
まだ見ぬ世界へ、自転車とともに。僕がレースを愛する理由。-本田直之-

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。