ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スーパーの見切り品で元の価格を確認する方法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スーパーの見切り品で元の価格を確認する方法

スーパーの惣菜コーナーでは、見切り品として値引きされたものしか買わないという人もいるでしょう。ただし、元の価格の上に新しい値札を貼られてしまうと、元の価格が確認できなくなってしまいます。そんな時に知っておきたいのが、スーパーの見切り品で値札をはがさずに元の価格を確認する方法です。

見切り品の元の価格に新しい値札

スーパーでは加工してからある程度の時間が経過すると、見切り品として値引きを行っています。とくに閉店間際のスーパーは見切り品のオンパレード。大幅値引きした商品を買うことができます。

たしかに500円の弁当に250円の値札が付いていれば、ついお得と思いがちです。しかし、そういった消費者心理を突くため、始めからその価格で販売するつもりだった…という可能性もあります。

とくに、見切り品の元の価格の上に新しい値札シールを貼っている場合、元の価格が確認できません。たとえ「半額」と書かれていても、見切り品の値札をはがさない限りはそれが本当かどうかは定かではないでしょう。

見切り品のバーコードに元の価格

見切り品の値札をはがさずに元の価格を確認するには、バーコードの下に書かれた数字を確認すればよいのです。バーコードの種類にもよりますが、たいていは右から2ケタ目が価格の1の位、3ケタ目が10の位、4ケタ目が100の位を表しています。

この数字が見切り品の元の価格というわけです。バーコード横に記載されている数字と、値引かれた販売価格を見比べることで、割引率が正しいかをチェックできるのです。

写真の見切り品では「半額149円」と書かれていて、バーコードの右から2ケタ目を価格の1の位として見たときには「298」でした。たしかに半額です。これが「149」だとしたら、元の価格は半額をアピールするための飾りとわかります。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。