体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「総額100万円台半ば」で狙えてしまう現行ボルボ V40って正直どうなんでしょう?

▲新車価格はおおむね400万円級となる現行ボルボ V40ですが、その比較的低走行な中古車は総額100万円台半ばぐらいから狙える状況に。でもそれって本当にお買い得なのか、いろいろ検討してみましょう

▲新車価格はおおむね400万円級となる現行ボルボ V40ですが、その比較的低走行な中古車は総額100万円台半ばぐらいから狙える状況に。でもそれって本当にお買い得なのか、いろいろ検討してみましょう

「しゃれてる高年式輸入車なのにお手頃」という虫のいい選択肢

「ちょっとプレミアムな感じでしゃれていて、安全装備も充実してて、走行性能もそれなり以上で……それでいてお手頃プライスな高年式輸入車が欲しい」などと虫のいいこと(?)を考えている人もいらっしゃるでしょう。

世の中、普通はそういった「虫のいい話」はないというのが定説ですが、よくよく探してみれば、決してないこともありません。

例えば、それは現行ボルボ V40の中古車です。

7月下旬に掲載されたV40 T2キネティック試乗記のなかでも詳述されましたが、現行ボルボ V40は13年2月に登場したボルボのプレミアムショートワゴン。サイズ的にはフォルクスワーゲン ゴルフやメルセデス・ベンツ Aクラスあたりとおおむね同じで、ボルボらしい確実な走りと上質な内外装、そして充実した安全装備が特徴です。現在の新車価格は299万~455万円。

で、これの中古車が今、総額140万~180万円ぐらいで探せてしまうのです。それも過走行のオンボロ中古車とかではなく、走行3万km台までのまずまず好条件な1台が、です。

新車のV40 T2キネティックは車両299万円という戦略的なお値段ですが、「支払総額」で考えると330万円ぐらいになるでしょうか? わかりませんが、おおむねそんなもんでしょう。それに対してこちらは「総額で140万~180万円ぐらい」。……中古車であるというデメリットは当然存在するわけですが、検討してみる価値はあるはずです。

「総額100万円台の中古V40」は本当に買いなのかどうか、次章から考えてみましょう。

▲こちらが現行ボルボ V40。いわゆるCセグメント(フォルクスワーゲン ゴルフぐらいのサイズ感)に属する5ドア車で、ボルボ自身はこれを「プレミアムショートワゴン」と呼んでいます

▲こちらが現行ボルボ V40。いわゆるCセグメント(フォルクスワーゲン ゴルフぐらいのサイズ感)に属する5ドア車で、ボルボ自身はこれを「プレミアムショートワゴン」と呼んでいます

▲リアまわりのデザインには、往年のボルボ車のエッセンスがちょっと入っています。荷室容量は335Lですが、最大拡大時は1032Lに。床下にも収納スペースが用意されています

▲リアまわりのデザインには、往年のボルボ車のエッセンスがちょっと入っています。荷室容量は335Lですが、最大拡大時は1032Lに。床下にも収納スペースが用意されています

▲いかにも北欧製らしいデザインがステキな現行V40の運転席まわり。写真は左ハンドルの本国仕様で、レザーシートやナビゲーションなどのオプション装着車

▲いかにも北欧製らしいデザインがステキな現行V40の運転席まわり。写真は左ハンドルの本国仕様で、レザーシートやナビゲーションなどのオプション装着車

選べるのは初期のベーシックなグレードだが基本的には十分以上

今現在「総額140万~180万円ぐらい」で狙える現行ボルボ V40は13~14年式で、走行距離は1万~3.9万km付近。中心となっているのは2万~3.5万kmぐらいの個体です。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。