体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

特集上映『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』公開記念トークショーに青柳文子が登壇!

—ジャック・ドゥミと聞いて、すぐに思い浮かぶのは港町だ。
どこからか人が辿り着き、そして静かに去っていく。と、書きながら、それはそのままフランス映画、ヌーヴェル・ヴァーグ作品の魅力を意図せず暗喩したようで、思わずはっとする。
静かでありながら、情緒的。燃え上りながらも、沈みゆく。その波止場の黄昏のような作品に、私たちは今もなお胸を熱くする。

『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』など、後世に語り継がれる名作で世界に魔法をかけたままこの世を去ったジャック・ドゥミ。
そして、女性映画監督の第一人者であり、“ヌーヴェル・バーグの祖母”との異名も持つアニエス・ヴァルダ。
夫婦として支え合い、同士として刺激しあった、ロマンチックで、憧れで、伝説的なふたり。
そんなふたりの輝ける作品の中、珠玉の5作品がスクリーンに蘇る。
題して、『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』。
その公開を記念して、代官山蔦屋書店でトークイベントが開催された。

ビギナーでも聞いていて楽しめる映画の魅力を、優しく丁寧な進行で伝えてくれたのは、ライターの小柳帝さん。その道を極める小柳さんだから知っている、当時の撮影秘話や公開の流れ、ヌーヴェル・ヴァーグの定義など、知ってから観るとより深く楽しめる専門的なプラスアルファを教われたのも、若い世代にとっては、貴重だ。

そんな小柳さんに、直感的ながらも鋭い疑問や、純粋な想いをぶつけるのは、
ゲストの青柳文子さん。人気モデルとして活躍する傍ら、近年はその独特の雰囲気と感度を以って、映画や舞台など、女優としての活躍も目覚ましい。ドゥミとヴァルダを始め、当時のフランス映画はよく手に取るという。「二回目以降でも、絵のような感覚で、音を出さずに部屋で流しているだけでもいい。どこを切り取っても素敵」とその魅力を語った。

「この時代の映画やドゥミとヴァルダの映画は観ていてどうでしたか?」という小柳さんの問いかけには、
「会話の運びが素敵で、間を重んじる感じが好きです。説明しすぎない、語りすぎないのがフランス映画という印象」と回答。
小柳さん曰く、当時の映画はあえて、「ジャンプカット」という説明を省く撮影法を用いているそう。行間と余韻が一際観る側に委ねられているように感じる、フランス映画。その魅力の裏には直感的な決断と緻密な編集があったのかもしれない。  

今回の特集上映作品のうち、カラー作品は1作のみ。その折に触れて、「モノクロ映画はどういう印象ですか?」という質問が小柳さんから青柳さんへ投げかけられた。
「観ているうちに自然に色が見えてきて、想像の時間を楽しめます」と答えた上で、「でも、『幸福(しあわせ)』を観た時にあまりに色彩感覚が素敵で、こんなに素敵なら過去のものもカラーでも観たい!と勿体なく思う気持ちもありました」と、映画史の転機とも言える、モノクロームからカラーへの変遷にも思いを馳せた。

1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。