ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ウディ・アレン監督の新作映画、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、ティモテ・シャラメが出演へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ティモテ・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスが、ウディ・アレン監督の次回作となる長編映画に若々しい輝きをもたらす。タイトル未定の同作は、映画製作に神経質で卓越したアレン監督が、アマゾン・スタジオに向けて手掛ける3作目の映画だ。同スタジオは過去に、映画『カフェ・ソサエティ』、これから公開を控える映画『Wonder Wheel(原題)』でアレン監督とともに作品を手掛けた。同スタジオは、批評家からは好意的に迎えられず、テレビ進出への転換となったアレン監督による最初のテレビシリーズ『ウディ・アレンの6つの危ない物語』も配給した。

シャラメは、今秋に公開される映画『Call My By Your Name(原題)』で称賛を受けており、アカデミー賞候補と目されている。ファニングは最近、映画『The Beguiled(原題)』で重要な脇役を演じ、ニコラス・ウィンディング・レフン監督のホラー映画『ネオン・デーモン』では主演を務めた。ゴメスは、米ウォルト・ディズニー・チャンネルのスター出身で、清純なイメージを完全に壊した映画『スプリング・ブレイカーズ』に出演した。

アレン監督の作品は、悪名高いほどに秘密主義的だ。例のごとく、同作はあらすじが明かされておらず、20代の役者たち3人がどの役を演じるのかも明らかになっていない。

『Wonder Wheel(原題)』は、10月のニューヨーク映画祭の最終日の夜にワールドプレミアされる。コニー・アイランドを舞台とする同作には、ケイト・ウィンスレット、ジャスティン・ティンバーレイク、ジェームズ・ベルーシが出演する。同作は、12月1日に米劇場公開となる。

アレン監督は、数10年に及ぶキャリアの中で4つのアカデミー賞を獲得している。アレン監督は、映画『アニー・ホール』、映画『ブルージャスミン』、映画『マンハッタン』、映画『ミッドナイト・イン・パリ』を監督した。

カテゴリー : 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。