ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

東海岸の屈指の名作として受け継がれるであろう、エイサップ・トゥエルヴィのデビュー作『12』(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
東海岸の屈指の名作として受け継がれるであろう、エイサップ・トゥエルヴィのデビュー作『12』(Album Review)

 米NYハーレム地区を拠点とするヒップホップ集団エイサップ・モブのメンバー、エイサップ・トゥエルヴィのデビュー・アルバム『12』が、2017年8月4日にリリースされた。2012年にリリースした、エイサップ・モブ名義のミックステープ『Lords Never Worry』には参加しているが、自己名義のアルバムとしては、本作が初となる。

その他、関連ビジュアル

 本作からは、エイサップ・ロッキーがフィーチャリング・アーティストとして参加した、「Diamonds」が先行曲として発表された。本作には、この曲のような90年代の東海岸を彷彿させる、クールで濃厚なトラックが全14曲、収録されている。

 特に、「Castle Hell」や「Strapped」、「Periodic Table」あたりは、ジェイ・Zやナズの絶頂期を思わせる、もろナインティーズを意識したナンバーだ。ASAP Rockyの従兄弟である、エイサップ・ナストが参加した「EastSideGhost」も、当時のイースト・コースト・ラップを感じさせる。

 ミッドチューンの「Yea Yea Yea (Maps)」や、ラストを飾るトラップ・バラード「Brothers」など、若干おとなしめのナンバーもあるが、やはりハードコアなナンバーが目立つ。「L.Y.B.B」や、エイサップ・ファーグが参加したトラップ調の「Hop Out」などは、かなりヘヴィ。フラットブッシュ・ゾンビーズが参加していることもあり、アルバム中もっともハードだったのは、「A Glorious Death」だった。1曲でお腹いっぱいになる、ボリューム満点のヒップホップらしいナンバーだ。

 NYブルックリン出身のラッパー、ジョーイ・バッドアスや、同NYクイーンズ出身のフレドロ・スターなど、ニューヨーク出身のアーティストで固めているあたりも、本作への拘りを感じられる。クールなトラックとタイトなフロウだけで勝負する姿勢も、エイサップ・トゥエルヴィの男気を感じる。大ヒットはせずとも、東海岸の屈指の名作として、受け継がれるのではないだろうか。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『12』
エイサップ・トゥエルヴィ
2017/8/4 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

リアム・ギャラガー、エイサップ・ロッキーの名前を“ワッツアップ・リッキー”だと勘違い
マイケル・ジャクソンの「スリラー」、3D版が【ベネチア国際映画祭】で初お披露目
全米一の嫌われ実業家、世界に1つのウータン・クラン未発表ALから再び一部を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。