ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ホテル雅叙園東京で開催中の『和のあかり×百段階段』へ浴衣でおでかけしましょう♪

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

こんにちは!趣通信のしーまんです。

東京の結婚式場で和装が似合うところといえば…外すことができないのが、ホテル雅叙園東京(2017年4月、目黒雅叙園から施設名称を変更)ではないでしょうか?

今回は、今年で3回目、夏の風物詩ともなりつつある『和のあかり×百段階段』へ行ってきましたので、そのレポートを書かせていただきます!ぜひ皆さまのお出かけの候補に入れていただければ嬉しいです♪

 

目黒雅叙園とは?

日本で最初の総合結婚式場

目黒駅から徒歩5分程度、急な坂道を下ると現れる大きな建物。現代的なホテルに見えますが、中は豪華な装飾が至る所に施され、トイレの中ですらおとぎ話に出てきそうな庭園のようです。もともとは芝浦にあって、本格的な北京料理や日本料理を提供する料亭でしたが、1931年、庶民でも家族でも気軽に入れる料亭として目黒に誕生。日本では初めて、結婚式と披露宴両方を行える総合結婚式樹となり、現在は結婚式やレストラン・カフェ、イベントなども開催される施設となっています。

 

『和のあかり×百段階段 2017』の魅力

”昨年、百段階段史上最高の9万人を動員した恒例企画。東京都指定有形文化財「百段階段」を舞台に全国から「祭り」「アート」「職人」「アクアリウム」のジャンルを中心に30を超える出展者が一堂に会します。毎年恒例、文化財の一部屋にダイナミックに展示されるねぶたの インスタレーションをはじめ日本各地の作品が、あかりを落とした文化財を優しく照らします。”

(目黒雅叙園『和のあかり×百段階段 2017』ホームページより)

thumb_DSC05224_1024

宮﨑駿監督作品『千と千尋の神隠し』の舞台にもなっていると言われている百段階段。まっすぐに伸びる階段の脇には幾つもの部屋があり、ふすま、天井に豪華な装飾が施されています。こちらのイベントでは、この各部屋に日本のあかりをテーマにしたアート作品が展示されています。

 

すべて写真撮影可能!ひかりのアート作品を一部ご紹介します

アート作品の展示は、通常の美術館では撮影NGですが、和のあかりはすべて撮影可能となっています。一部のアートをご紹介させていただきます。

 

ねぶた作家 竹浪比呂央 青森県青森市

「青森ねぶた祭」/相馬太郎良門 妖術を修る

thumb_DSC05230_1024

一番はじめの部屋で見ることができるのが、こちらのねぶた。広いへの端から端まで広がる巨大なねぶたは迫力満点です!和のあかりの顔とも言えるフォトジェニックなアート作品の一つです。

 

造形作家 川村忠晴

thumb_DSC05289_1024

ホウズキを始めとした植物の数々をあかりにしたアート。小さく細かい葉脈の間からこぼれるあかりがとっても優しいです。普段目にする何気ない植物ですが、作家さんの手によって新しい魅力を発見することができます。

 

切り絵作家 早川鉄兵 「清流の森」

thumb_DSC05246_1024

まるで森のくまさんの世界です。芝生をふにふにしながら鑑賞できるこの空間では、切り絵というシンプルな色使いでありながら、動物の表情はとっても豊か。癒やしの空間に、つい腰を下ろして鑑賞している方もいらっしゃいましたよ♪

 

一葉式いけ花 次期家元 粕谷尚弘

thumb_DSC05318_1024 thumb_DSC05307_1024

一番最上階にあるこちらのお部屋は、大迫力の生花の展示に加え、丸く可愛い無数の風鈴が天井から吊るされています。ついつい写真が取りたくなってしまいますね。こちらも座布団があちらこちらに置いてあって、つい長居してしまう空間になっています。

 

 林 貴俊(宮城県石巻市/こけし)「石巻こけし」

あかりとは少し異なりますが、今回の百段階段には、すべての段にこけしが飾ってあり、私はそのこけしに釘付け。ごく一部ですが、私おすすめのこけしをお届けします。このこけしたちに会いに行くだけでも価値ありだと思います!

thumb_DSC05225_1024thumb_DSC05229_1024thumb_DSC05237_1024 thumb_DSC05238_1024thumb_DSC05239_1024thumb_DSC05240_1024 thumb_DSC05242_1024thumb_DSC05259_1024thumb_DSC05265_1024 thumb_DSC05268_1024thumb_DSC05272_1024thumb_DSC05294_1024 thumb_DSC05295_1024thumb_DSC05296_1024thumb_DSC05298_1024 thumb_DSC05299_1024thumb_DSC05304_1024thumb_DSC05306_1024

 

和のあかり×百段階段2017 詳細情報

会期:2017年7月1日(土)~ 8月27日(日) 会期中無休
営業時間:【月曜日~木曜日】10:00~18:00(最終入館17:30)、【金・土・日・祝】10:00~20:00(最終入館19:30)
入場料:当日券 1,500円、学生800円、小学生以下無料
ホームページ:http://www.hotelgajoen-tokyo.com/wanoakari/

thumb_DSC05285_1024thumb_DSC05283_1024

今月末までとなっておりますので、ぜひ浴衣でお出かけしてみてくださいね♪

 

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
趣通信の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。