体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【8月公開の注目映画】編集部のおすすめ5選

『天使の入江』La Baie des Anges ©ciné tamaris 1994   監督・脚本:ジャック・ドゥミ 出演:ジャンヌ・モロー  

1.特集上映『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』

『シェルブールの雨傘』など、後世に語り継がれる名作で世界に魔法をかけたままこの世を去ったジャック・ドゥミ。そして、女性映画監督の第一人者であり、“ヌーヴェル・バーグの祖母”との異名も持つアニエス・ヴァルダ。

夫婦として、そして、同士として刺激しあった、ロマンチックで、憧れで、伝説的なふたり。そんなふたりの輝ける作品の中、珠玉の5作品がスクリーンに蘇る。静かでありながら、情緒的。燃え上りながらも、沈みゆく。その波止場の黄昏のような作品に、私たちは今もなお胸を熱くする。

ジャック・ドゥミ作品からは、“ヌーヴェル・ヴァーグの真珠”と賞賛された『ローラ』がヴァルダの監修によって完全修復。アニエス・ヴァルダ作品からは、ファッショナブルで哲学的なガールズムービー『5時から7時までのクレオ』、上映作品中唯一のカラー『幸福(しあわせ)』、そして、生涯の伴侶ドゥミのルーツを愛と切望によって、ヴァルダ自らがフィルムに焼き付けた『ジャック・ドゥミの少年期』が上映される。

また、劇場正式初公開となる『天使の入江』は、先刻この世を去った女優ジャンヌ・モローとドゥミとのタッグ作でもある。
不美人と評されながら、ふたつとない魅惑的な存在感を以て私たちを魅了したヌーヴェル・ヴァーグのミューズ。「フランスの男もやっと、容姿だけが魅力じゃないと気づけて嬉しい」「私は女達を賞賛している。ありのままの姿を彼女たちに示そうと思ったの。男たちが示す姿ではなくてね」
愛と自由を両手に、最後まで色褪せることなく、クールに飛び立った世紀の大女優への追悼の意も込めて、スクリーンに生きる彼女の姿をこの目で焼き付けたい。

▼Information
『特集上映〔デジタル・リマスター版〕』
ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語
『ローラ』
『天使の入江』
『ジャック・ドゥミの少年期』
『5時から7時までのクレオ』
『幸福(しあわせ)』
シアターイメージフォーラムほか全国順次公開中

配給:ザジフィルムズ
公式HP:http://www.zaziefilms.com/demy-varda/
 

https://www.youtube.com/watch?v=BNW-E40_U9M

 

©2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ

2.『海辺の生と死』

奄美大島への旅行中、空港や島のお土産屋さんの至る所で見かけた、“島尾敏雄”“島尾ミホ”の名前。
映画『海辺の生と死』を観る半年ほど前に、私はこの日本文学史上に名前を残す二人のことを知った。

独特な緑の色合いをした木の葉、美しくて怖くて偉大な海。
大きなガジュマルには精霊が棲んでいて、島には神様が点在している。
特別なエネルギーと魂のメッセージを感じる場所。そして、そこで出会った二人の物語もまた、強烈なインパクトを私に残した。

奄美・加計呂麻島で育った島尾ミホによる短編集『海辺の生と死』。
奄美に伝わる昔話や伝統、日々の暮らし、そして、島にやってきた特攻隊長との運命的な出会い。そこには、隊長の出撃の知らせを受けた<私>が、死を覚悟して、家を出るまでの顛末が綴られていた。

主人公のトエを演じるのは、奄美が自身のルーツでもある満島ひかり。
短剣を片手に“死”だけを見つめて海辺に向かう姿の、苦しいほどの切なさと愛の強さ。一挙手一投足から感じる狂おしく激しい愛情は、スクリーン越しに見ても圧倒的だった。

島の手付かずの自然と、その中で描かれる男女の運命。
激しく恋するトエを通して感じるのは、男女の愛だけではない。
戦争の恐ろしさと、運命のどうしようもなさ。
死へ向かいながらその瞬間を最高温度で生きている人は、こういう顔をするんだ、と、花に唄うトエを、海辺に立つトエを見つめながら、息を飲んだ。

▼あらすじ
昭和19年(1944年)12月、奄美 カゲロウ島(加計呂麻島がモデル)。国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇の隊長 朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う。島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになる。しかし、時の経過と共に敵襲は激しくなり、沖縄は陥落、広島に新型爆弾が落とされる。そして、ついに朔が出撃する日がやってきた。母の遺品の喪服を着て、短刀を胸に抱いたトエは家を飛び出し、いつもの浜辺へと無我夢中で駆けるのだった。

▼Information
『海辺の生と死』
テアトル新宿にて公開中 ほか全国順次公開
脚本・監督:越川道夫
原作:島尾ミホ「海辺の生と死」(中公文庫刊)島尾敏雄「島の果て」ほかより
出演:満島ひかり、永山絢斗、井之脇海、川瀬陽太、津嘉山正種
配給:フルモテルモ、スターサンズ
公式HP:http://www.umibenoseitoshi.net/

https://www.youtube.com/watch?v=wi23Xq2SZBg

1 2 3次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。