体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハワイの達人が教える「おすすめスポット」は?

エンタメ

ハワイの達人が教える「おすすめスポット」は?
J-WAVEで放送中の番組「AVALON」(火曜担当ナビゲーター:河北麻友子)。「夏の冒険!初めての海外旅行ウィーク」と銘打った8月7日〜10日、火曜日のオンエアでは「ハワイ」をテーマにお送りしました!

日本からも多くの芸能人が訪れるハワイ。東京からは直行便で、片道だいたい7時間20分。マウイ島、オアフ島、ハワイ島など8つの島と100以上の小さな島から構成されています。ハワイ州の人口は、およそ140万人。日本人のハワイへの渡航者数は年間150万人で、世界中から訪れる渡航者数全体の20%近くを担っています。

今回はそんなハワイの魅力を知る達人として、お笑いコンビTKOの木本武宏さんと、雑誌「ハワイスタイル」編集長、渡邊真人さんをお迎えしてお話を伺いました!

「ハワイにいつかコンドミニアムを買うために頑張ってます!」という木本さんはこれまでに7〜8回、編集長になって10年という渡邊さんは20回以上は訪れていると言います。

ちなみに木本さんがハワイにハマったきっかけをお聞きすると、最初の海外ロケがハワイだったものの、その後、10数年行くことなく、40歳前くらいに2度目の仕事で1週間滞在して楽しさを実感したのだとか。一方の渡邊さんは、ハワイの魅力について「まずはベタにビーチ。あと、若いうちはオアフだけでなく離島も行ってほしいですね。溶岩が流れていたり、星空も世界一だと思うんです」と答えていました。

そんなお2人が教えてくれた「ハワイでおすすめのコト」の中からいくつかご紹介しましょう!

■インスタ映えする絶景スポット
渡邊:定番なんですけど、オアフ島のカネオヘに「天国の海」と言われている場所があって、ボートで行ける浅瀬で砂浜は、水がくるぶしくらいの深さで遊べて、ローカルの人がビーチバレーをやっていたり。
木本:ニューオータニのレストラン「ハウツリーラナイ」のエッグベネディクト。ここがハワイで流行った最初なんです。

■1度は食べてほしいハワイグルメ
渡邊:若い頃はネタになるものを食べてほしいので、男の子なら絶対ハンバーガー。一番でかいのを探してみるとか。カハラモールに「ザ・カウンター」というバーガー屋があって自分でカスタマイズできるんですが、バスケットボールくらいでかいんです。
木本:「ホノルルバーガー」も美味しいですよね。一番古いと言われているハンバーガー屋さんで、フライドポテトがめちゃくちゃうまい。

その他にも「近づいたら駄目なハワイの危険地帯」や「マストで買った方がいいお土産」などを教えて頂きました!

オンエア後半では「全日本国民的美少女コンテスト」出場の21人で結成された「次世代アイドルユニットX21」に注目、リーダーの吉本実憂さんにお話を伺いました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会