ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

BCLラジオ日中対決!中華はソニーを超えたか?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
BCLラジオ日中対決!中華はソニーを超えたか?

インターネットが普及する以前、世界の文化・音楽・ニュースをリアルタイムに入手する手段はBCLラジオでした。アメリカの最新音楽チャート番組を英語のまま聞いたり、珍局と呼ばれる受信困難な放送局のベリカードを手に入れたり、まるで電波の海を航海するような楽しさが短波放送にはありました。

BCLラジオの頂点がICF-SW7600GR

1970~1980年代にかけて一大ブームを巻き起こした短波放送は、数こそ減ってしまいましたが、今でも日本向けに日本語で放送している海外ラジオ局もあります。そして、国内では短波放送対応のBCLラジオ自体、新製品が発売されなくなってきた一方で、中華ラジオは元気です。

そこで、国産BCLラジオの頂点であるソニー「ICF-SW7600GR」(実勢価格29,480円)と、中華の雄・TECSUNのBCLラジオ「PL-880」(実勢価格28,800円)の性能を比較してみましょう。

音質については、ICF-SW7600GRはまさに「短波放送のために作られたBCLラジオ」という中域が強めの音。しかし、音全体のバランスが崩れるようなことはなく、長い時間音楽番組を聞いても疲れません。

PL-880は、DSP(Digital Signal Processor)を搭載。低音が少し厚めなのが気になるものの、非常に豊かで取りこぼしのないクリアな音を再生。両機種ともヘッドホンを使用すると、FMステレオ受信になります。

BCLラジオの機能の数ではPL-880

BCLラジオとしての受信感度は、両機種とも本当にいい勝負。AMラジオ放送の感度は、ノイズ耐性・選択度・AGCの動作など測定器の値に表れない「設計経験の積み重ね」によるところが大きいため、やはりICF-SW7600GRに軍配が上がります。

FMラジオ放送の感度はDSPを搭載しているためか、電波が弱くなった時のホワイトノイズがPL-880の方がやや少ないため、わずかながらPL-880に分がある印象です。

BCLラジオとしての機能の数ではPL-880が圧倒的。代表的なのは放送局メモリーで、その数は3,500件! 他にも、AMラジオ放送受信時の周波数帯域を2.3~9.0kHzの範囲で選べたり、電波強度のdBu表示、隠しコマンドも用意されています。

このため、BCLラジオビギナーならば安心・安全の日本製でマニュアルもしっかりしたICF-SW7600GRがベスト。冒険心を抑えきれないBCLラジオマニアなら、PL-880という選択肢もアリでしょう。(文/手島伸英)

関連記事リンク(外部サイト)

ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
AMラジオの受信感度で選ぶなら「ICZ-R250TV」

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。