ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

古川雄輝も興奮!片道1万円で行けるバリ島が今アツい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

古川雄輝も興奮!片道1万円で行けるバリ島が今アツい
J-WAVEで放送中の番組「AVALON」(月曜担当ナビゲーター:古川雄輝)。「夏の冒険!初めての海外旅行ウィーク」と銘打った8月7日〜10日、まず月曜日は「バリ島」をテーマに、その魅力についてトラベルジャーナリストの江藤詩文さんに伺いました。

東京から直行便なら7時間半で行けるバリ島は、インドネシア共和国に属する島で内陸部は熱帯特有のジャングルが広がっています。人口はおよそ350万人、面積は東京都の2.5倍。平均気温はおよそ27度で、1年を通じて寒暖の差はほとんどありません。気になる時差は日本より1時間遅れ、日本が正午のときバリ島では午前11時になります。

そんなバリ島の魅力を知り尽くしている江藤さん。過去にはガイドブック制作のために1ヶ月間滞在したことも。LCCによる成田空港からの直行便ができ、チケットが安くなったこともあって、江藤さんは既に今年だけで2回行っているそう! セールで片道1万円で行けるそうで、その人気ぶりから週4便が毎日運行になったそうです。ということで、80〜90年代以来の人気が復活しているバリ島ですが、高級ホテル以外の場所では食事も安く、滞在費も安く抑えることができるとか。

江藤さんに、海外旅行初心者の女子が楽しめるバリ島のオススメスポットを教えてもらいました!

まずはインスタスポット。たとえば「Di Mare」。海とプールがつながっているようなレストランで、海外からわざわざこの場所で写真を撮るために来る人もいるそうです。夕日が綺麗で、景色を見ながらアフタヌーンティーも楽しめます。

おしゃれグルメなら、バリには「世界のベストレストラン50」アジア版で受賞しているお店もあります。「Locavore」は予約が難しいと言われていますが、若者向けにテイクアウトのカフェを出していて、バリの素材を使った今のバリグルメが堪能できるそうです。

さらに、女子にはスパがおすすめだそう。カップルで行くと男性が待ちくたびれてしまいそうですが、自然を見ながらのマッサージと軽食を含め、ヘルシーでおしゃれな6時間のパッケージが1万円で受けられるそうです。

オンエアではさらに、男性が楽しめるおすすめスポットも紹介して頂きました! ロスメンというのが日本でいう民宿にあたり、ガーデンやテラス、さらにお母さんが作ってくれる朝食付きで一泊1200円という驚きの価格! また、滞在費を抑えたい場合には、「バビ・グリン」という豚の丸焼き&ご飯は大体300円くらいで食べられるほか、ワルンと呼ばれる大衆食堂なら100円〜200円でお腹いっぱい食べることができるそうです。

その他にもレンタサイクル、レンタルバイクで行動範囲を広めてみるのもオススメだとか。バリ島は温暖な気候も一定しているので、雨季を除いて年中リゾートを楽しむことができるそうですよ。8月後半、予定がない人は、行ってみちゃうのもありかもしれません!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:月・火・水・木曜 22時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。