ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【Plastic Tree】 『Plastic Treeメジャーデビュー二十周年“樹念”特別公演』 2017年7月29日 at パシフィコ横浜

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 第一幕“【Plastic】things/1997–2006”では1997〜2006年の作品からファン投票で選ばれたアルバム『Puppet Show』(1998年発表)を、第二幕“【Tree】songs /2007–2016”では2007〜2016年の作品から選ばれた『ネガとポジ』(2007年発表)を完全再現するという構成のメジャーデビュー20周年“樹念”特別公演。“樹念”と銘打っていてもお祭り色はまったくなく、むしろその作品の世界観をよりストイックに追求するようなライヴだった。
第一幕“【Plastic】things/1997–2006” (okmusic UP's)

 第一幕では有村 竜太朗(Vo)がコープス系のメイク、他のメンバーも髪を大きく盛るなど、ビジュアル的にも90年代の彼らを彷彿。また、一・二幕ともに当時のPVを投影したり、Plastic Treeの歩みを観客とともに丁寧にトレースしていく。映像やレーザーなどのライティングで空間を彩る手法は、現在のプラが得意とするスキルであり、この日もそんな演出が全編に盛り込まれていた。しかし、逆にそこで際立って見えたのは、彼らの初期衝動的なエモーション。へヴィな曲での激情を叩き付けるような演奏とシャウトは20年が経過してもなお、このバンドの原点が何も変わっていないことを証明していた。

 そして、この日もうひとつ印象に残ったのが、メンバーたちからの感謝。アンコールでは佐藤ケンケン(Dr)が旧ドラマーたちへのリスペクトを述べ、長谷川 正(Ba)は“若気の至りとかもたくさんあったけど、そういうのも含めて自分たちの作ってきたものを振り返って誇りに思える。それを支えてくれたみなさんに感謝”とコメント。結成からの20数年間を辿って、今のPlastic Treeを再確認してみたら、そこにはたくさんの感謝があった…そんな彼らの温かい気持ちが伝わってくるライヴだった。
取材:舟見佳子
セットリスト
第一幕【Plastic】
1. intro
2. May Day
3. リセット
4. 絶望の丘
5. 幻燈機械
6.「ぬけがら」
7. 本当の嘘
8. monophobia
9. クリーム
10. 3月5日。
11. サーカス
<ENCORE>
1. 理科室
2. グライダー
3. ガーベラ
4. 散リユク僕ラ
5. 蒼い鳥
第二幕 【Tree】
1. 眠れる森
2. 不純物
3. エレジー
4. スピカ
5. ザザ降り、ザザ鳴り。
6. 無人駅
7. オレンジ
8. Sabbath
9. egg
10. 涙腺回路
11. 黒い傘
12. アンダロメタモルフォーゼ
<ENCORE>
1. うつせみ
2. メルト
3. 真っ赤な糸
4. リプレイ
5. 記憶行き
Plastic Tree
プラスティック・トゥリー:1993年結成、1997年に「割れた窓」でメジャーデビュー。攻撃的なギターロックからポップなものまで楽曲は多彩。有村の特徴的な歌声と文学的な歌詞や独特の世界観で、アーティスティックな美意識を貫く唯一無二の存在として、確固たる地位を確立している。LM.Cや氣志團、清春、MUCCら12アーティストが参加したトリビュートアルバム『Plastic Tree Tribute〜Transparent Branches〜』が9月6日にリリース予定。また、9月9日には同作リリース“樹念”として約20組のアーティストが出演するサーキットイベントも都内近郊4カ所の会場で開催される。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。