体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NO MORE MUSIC Issue : BROTHER feat. OKAMOTO’S

NeoL_NO MORE MUSIC_BROTHER_Photography : Takuya Nagata | Styling : Masako Ogura  | Edit : Ryoko Kuwahara

OKAMOTO’Sのニューアルバム『NO MORE MUSIC』発売を祝して、NeoLでは収録曲10タイトルにインスパイアされた10記事とイメージヴィジュアルを1ヶ月にわたって随時掲載していく。第3回目は“BROTHER”をテーマに、OKAMOTO’Sが4人の絆を強めた出来事を語る。

——4人の絆について語る回ですが、知られざる良きエピソードがあればお話してください。

ハマ「(笑)。話を捻出するのに一番時間がかかるテーマですね」

レイジ「今回のアルバムでNYレコーディングに行っておきながら、それを中止にしたときのエピソードは、一番ブラザー感が強いと思う。それぞれがそれぞれの思っていることを汲み取りながらの行動をとっていたからこそ意見もまとまって、中止にしようという決断ができた気がします」

——確かにその大きな決断を4人で下した、もしくは下せたというのは大きい。

ショウ「俺たちはそれぞれの演奏や楽器、音作りなどに対して結構ストイックなので、各自がエンジニアさんをはじめ、スタッフたちとしっかりコミュニケーションをはかりたいバンド。誰かひとりがリーダーで指示をとるというものではない。でもNYでは、俺だけが英語でコミュニケーションをとれて、みんなが思うようにコミュニケーションをはかれなかった。さらに、俺らは色々とトライを重ねながら、パッパッとやりたいタイプなのですが、NYでのエンジニアさんはどの工程においてもゆっくりと時間をかけるタイプで、ストレスになる要素が多かった。
そんな状況下で、4人の中でイメージができあがっているものに口を出されるということもストレスでしたし、今までだったら『NYまで来てお金もかけているし、やっとこうよ』となっていたかもしれないけど、そういう空気の読み方をしないほうがいいのではないかと。アルバムを作るまでの過程なのか、いまの自分たちのタイミングなのかはわからないですが、それぞれにそう思っていた。イメージが出来上がっているのだから、それを形にするということを最優先しようということで、中止にしました」

——それぞれが言葉にせずとも、思っていることがわかった。では、それを誰が切り出したんですか?

ショウ「まず俺が結構腹を立ててしまって。10回くらい同じ問答をしていて、『こうするべきだと思う』『いや、でも俺たちはこうしたい』『聴いて確認しよう。……やっぱりこうするべきだと思う』という永遠のループで。『本当に無理!』と俺が日本語で怒るという(笑)」

——それが初日?

ショウ「そうです。それを見たハマくんが、一旦帰ろうと提案してくれて」

ハマ「とりあえず一度閉じて帰ろうと。そのときは中止にするということではなくて、今日この雰囲気でベーシックのようなものを録り始めてもいい結果を生まないと思ったので、少し大きい声で全体に共有する形で『帰ろう』という提案をしました。そこから始まったというか」

——そこを引き受けたのはえらいですね。

ハマ「いや、もうスタートまでがとにかく長くて。日本でやる場合は、僕たちが着いたらある程度準備ができていて、個々でチェックを始めて、長くかかったとしてもひとり30分程度。全体でどうしようという話をし始めるまでが大体1時間くらいなんですよ。それがNYでは、4人で音を出すまでにかかったのが5、6時間ほど」

レイジ「いや、8時間くらいかかったよ」

ハマ「英語でコミュニケーションをとれないので待つしかなくて。その間の細かいコミュニケーションにも入れず、ある意味で僕は状況を読まなくてもいい立場だったというか。ショウは英語でコミュニケーションを一番とれるからこそ間に立ってしまっていて、それでは言い出せない。誰かが言わないいけないなと思っていたのと、単純に僕が嫌だったんです。結果、みんなも嫌だと感じていたようですが、自分がこのままやりたくなかった。『音、違うよね?』ということをショウも言っていて、僕も思っていて、そう思いながら『NYまで来たから』という理由だけでナアナアで録ることはできない。ここから何日もいるし、スケジュールは崩れるけど、今日は閉じたほうがいいんじゃないかと提案しました」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会