体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ACIDMAN、主催フェス最終出演アーティスト発表

ACIDMAN 20th Anniversaryの集大成として11月23日(木・祝)に故郷 埼玉県・さいたまスーパーアリーナにて開催する初の主催ロックフェス『ACIDMAN presents「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”」』の全出演者が発表された。
ACIDMAN (okmusic UP's)

今回新たに発表された出演者は、the HIATUS・BRAHMAN・MAN WITH A MISSION・RADWIMPS(50音順)の計4バンド。前回発表されたASIAN KUNG-FU GENERATION・THE BACK HORN・STRAIGHTENER・10-FEET・Dragon Ash(50音順)にACIDMANを加えた計10バンドが出揃い、一目見て分かるその豪華すぎるラインナップは、ロックファンのみならず全音楽ファンが注目することは必至だ。 そして、今回も出演バンドからACIDMANへのコメントが寄せられた。

大木伸夫が描き上げた“SAI”のキービジュアルが印象的な特設サイトでも続々と新情報が発表され、今後はタイムテーブルやグッズなど、来場者が気になる情報が発表される予定だ。8月11日より出演各アーティストホームページよりチケット先行販売(抽選)が実施される。
【“SAI”最終発表出演アーティストからのコメント】

■the HIATUS 細美武士

「ACIDMAN20周年おめでとう!もうずいぶん長い付き合いになるね。赤橙を初めて聴いた時の衝撃は今もはっきりと覚えてるよ。一見クールだけど、実は不器用なやつらだってことも、いろんな困難を乗り越えて来たことも、横でずっと見てたよ。今回のイベントに呼んでくれて本当にありがとう。ずっと友達だと思ってたのが、俺だけじゃなかったんだな、って嬉しかったよ。いい1日にしよう。全力で歌わせてもらいます」

■MAN WITH A MISSION Jean-Ken Johnny

「バンドハ生キ物。20年間ノ歩ミノ最中、生ヲ受ケテカラ今日ニ到ルマデ、ブレナイ確固タル哲学ヲ抱キ、刻ミ、聴キ手ノ僕達ニ音楽ヲ媒介シテ圧倒的ナ純度デ語リカケテクレル唯一無二ノバンドACIDMAN。彼達ノ20年ノ歩ミノ一ツノ結晶トモ言エルイベントニ参加出来テ、一音楽人トシテ幸セ也。ACIDMANノ御三方、20周年オメデトウゴザイマス!」

■RADWIMPS 野田洋次郎

「ACIDMANは僕たちのヒーローでした。12年前、東芝EMIからデビューする時、同じレーベルにACIDMANがいるというのが大きな自慢でした。ライブDVDをメンバーみんなで隅から隅まで観ては、ライブバンドってかっこいいな、こんな風に僕たちもなれるのかなと話をしていました。これからもずっと大好きな先輩です。20周年おめでとうございます。僕たちもまだまだ20年、30年と続けられるように頑張ります」
『ACIDMAN presents 「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”」』
11月23日(木・祝) さいたまスーパーアリーナ

開場10:00/開演11:00/終演予定 21:00

<出演アーティスト>

ACIDMAN

ASIAN KUNG-FU GENERATION

the HIATUS

THE BACK HORN

STRAIGHTENER

10-FEET

Dragon Ash

BRAHMAN

MAN WITH A MISSION

RADWIMPS

(50音順)

※出演アーティストの出演時間は後日発表いたします。出演アーティストは変更になる場合がございます。

<チケット>

アリーナ立見¥8,500(整理番号付)/スタンド指定席¥8,500

チケットぴあ ACIDMAN 先行ページ:http://w.pia.jp/s/sai17hp-ac/

【小学生ディスカウントあり】

小学生(小学1年生~6年生対象)は年齢確認できる物をご提示頂ければ4,000円キャッシュバックします。当日会場にご来場頂いた方のみ対象となります。

※未就学児無料/小学生以上有料/座席が必要な場合は小学生未満も有料となり小学生ディスカウントの対象となります。

※出演者変更による払戻は一切致しません。

※開場/開演時間は変更になる可能性がありますので予めご了承下さい。

※客席を含む会場内の映像・写真が公開されることがありますので予めご了承下さい。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy