体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100年の森、明治神宮へ夏詣したい8つの理由【ミシュラン三つ星】

ミシュラン三ツ【星】100年の森 明治神宮へ夏詣でしたい8つの理由
清正井

ミシュラン三ツ【星】100年の森 明治神宮へ夏詣でしたい8つの理由
神門

日本一参拝客が多いと言われる明治神宮。2020年に100年を迎える、人口の森です。
例年初詣では激混みですから、森林浴がてら「夏詣(なつもうで)」なんてオツだと思いませんか。

なぜ初詣ではなく、「夏詣」が良いのか、オススメしたい理由とは?

1.考えてみれば東京のど真ん中で、頻繁にいくエリア

ミシュラン三ツ【星】100年の森 明治神宮へ夏詣でしたい8つの理由
考えてみれば、原宿や新宿に近くて頻繁に行くエリアですよね。でも、明治神宮にお参りするのはせいぜい年に1回が良いところ。入場料もかからないのですから、思いついた時に、お買い物ついでに寄りたいもの。

2.丁寧に身を浄められる

ミシュラン三ツ【星】100年の森 明治神宮へ夏詣でしたい8つの理由
年末年始のピークシーズンでは、手水を使うのもゆっくり出来ませんね。夏場なら、年末年始に比べたら丁寧に浄められます。合わせる手を完璧に浄めてお参りしたら、願い事が叶う可能性も高くなるかも?

3.ゆっくり参拝

ミシュラン三ツ【星】100年の森 明治神宮へ夏詣でしたい8つの理由
本殿

丁寧に浄めた手を合わせて、ゆっくり参拝。年末年始の時の「とりあえず参拝」よりも、心をこめてお参りできそうです。慌ただしくて思い出せなかった願い事も、今ならじっくり思い出して祈願しましょう。願い事が多い場合は、お賽銭もそれなりに弾みましょう(笑)。

4.ひんやりと涼しく森林浴

ミシュラン三ツ【星】100年の森 明治神宮へ夏詣でしたい8つの理由
鎮守の杜

100年前は荒れ地だった場所。全国から集まった約10万本もの献木を、延べ11万人に及ぶ勤労奉仕により数年かけて植栽して作られた人工の森。神宮の土地に育つ椎や樫、楠が選ばれました。落ち葉はすべて森に返す「永遠の森」は、夏に涼しい森林浴スポット。

次はパワースポットでもある「清正井(きよまさのいど)」をご紹介。

5.ひんやりしたパワースポット 

ミシュラン三ツ【星】100年の森 明治神宮へ夏詣でしたい8つの理由
清正井

ミシュラン三ツ【星】100年の森 明治神宮へ夏詣でしたい8つの理由
清正井

明治神宮の中で、最も有名なパワースポット。年間を通じて水が枯れることない、湧水の井戸。毎分60リットルの水量がこんこんと湧き出て、四季を通じて水温15度前後と一定。こちらを見学するには入園料500円がかかります。昔から「清正井(きよまさのいど)」といわれ加藤清正が自ら掘ったとされていますが、本当に清正が掘ったかどうかは不明。清正伝説があることは、何らかの深い関係があったようです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。