体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『リステリン クールミント ゼロ』ノンアルコールで低刺激だから口内環境が敏感な人でも優しく使える!

1991年に米国から鳴り物入りで日本に乗り込んで来たマウスウォッシュ「リステリン」。そのアルコール入りの強烈な刺激に”やっぱりアメリカ人ってすげえ”と驚いた人も当時は多かった。そして月日は流れ、アルコールを使わずに低刺激が特徴の『リステリン クールミント ゼロ』が登場した。

実はノンアルコールでも口内の殺菌消毒には何の問題もないという事実!

 

こうした主に「リステリン」のようなマウスウォッシュ(洗口液)というのは歯磨きブラッシング後に使うもの。それ自体に洗浄能力はなく、あくまで細部の殺菌などのために使われる。一方似たもので液体歯磨きというものがあるが、それは文字どおり歯磨き粉の代用品。口に含んだままブラッシングするためのものだ。

人によっては口に含むとビリビリするほどの刺激があって、それが殺菌しているイメージという人もいるが、実はこうしたマウスウォッシュに含まれているアルコール度数は30%もいかないもの。お酒ならそこそこの泡盛・焼酎クラスの高アルコールだが、実はこの程度ではアルコール除菌としては非常に弱い。

ではなぜわざわざマウスウォッシュにアルコールを入れるのか。その理由は何のことはない、味の調整のためである。殺菌成分などの妙な味を消して爽やかにするためにアルコールが使われているだけなのである。ミントが痛いほどにきつい商品もあるが、それも同じ理由。つまり味の問題さえ解決できればアルコールは必要ないと言える。

そうして誕生したのが、低刺激タイプシリーズ「リステリン(R) トータルケア ゼロ」「リステリン(R) ナチュラルケア」の進化版であるジョンソン・エンド・ジョンソン『リステリン クールミント ゼロ』(500ml・実勢価格 税抜約370円・2017年8月21日発売)低刺激ノンアルコールということで、強い刺激が苦手な人や初心者にうれしい製品になっている。

 

 

それでは実際に使ってみよう。

 

歯茎がぎゅっと引き締まる感覚はそのままだが、口に含んでいても痛くならないのがいい

強力なアルコール感で口の中をビリビリにさせて気合いを入れているという目的で使っている人以外には、おそらくうれしい進化だと予測される『リステリン クールミント ゼロ』。このゼロは別に飲むわけではないので、糖質ゼロなどの意味ではなくて、アルコールが入っていないという意味のゼロだ。

 

 

サクッと歯磨きをいつものようにした後に軽くすすぎ、使ってみる。キャップを開けると、リステリン特有の薬品臭は健在。これはこれで効きそうな感覚がするので、デメリットではない。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。