体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トイレットペーパーのシングルとダブル、お得なのはどっち?大手メーカーに突撃取材

トイレットペーパーのシングルとダブル、お得なのはどっち?大手メーカーに突撃取材

普段の生活に欠かせない「トイレットペーパー」。メーカーや値段など、“選ぶ基準”はさまざま考えられるが、あなたはダブル派だろうか? はたまた、シングル派だろうか? 筆者はもっぱらダブル派なのだが、そもそもダブルとシングルでは何が違うのだろうか? 『エリエール』でおなじみ、大王製紙のホーム&パーソナルケア事業部の石川繁夫さんと冨田亜沙美さんに話を聞いた。

トイレットペーパーのダブルとシングル、違いは「長さ」だけじゃない!?

「ダブルとシングルの違いは?」と聞かれたら、真っ先に思い浮かぶのは「長さ」だろう。そのほかに何か違いはないものか聞いてみたところ、「紙の原料はダブルもシングルも一緒ですが、実はつくり方は若干異なります」と、石川さん。【画像1】左:石川繁夫さん、ダブル派。右:冨田亜沙美さん、シングル派(写真撮影/明日陽樹)

【画像1】左:石川繁夫さん、ダブル派。右:冨田亜沙美さん、シングル派(写真撮影/明日陽樹)

「詳しい製法まではお話しできませんが、シングル、ダブルともに柔軟剤を入れています。柔軟剤というと、洋服のイメージがあるかもしれませんが、洋服同様、紙も繊維でできています。柔軟剤を入れることで、繊維がほぐれて柔らかくなり、また、紙と紙の間に空気層ができるので、1枚(シングル)よりも2枚(ダブル)のほうがふんわりと仕上がるんですよ」(石川さん)

言われてみれば、洋服も紙も繊維でできている。とはいえ、まさかトイレットペーパーに柔軟剤が使われていたとは!

また、冨田さんいわく、「トイレットペーパーを快適にお使いいただくには、紙の裏表も関係しています」とのこと。

「あまり気にしていないかもしれませんが、紙にも裏表があるんです。表面はツルツルしていて、裏面は少しザラザラしています。ダブルの場合は、表面が外側にくるようにそれぞれの裏面同士を貼り付けていますが、シングルの場合は1枚の紙ですので、肌触りが違ってきます。もちろん、どちらが正解ということはありませんが、表面でお使いになることをオススメします」(冨田さん)

シングルユーザーの多くは、裏面でゴシゴシしてしまっている可能性大。表面を使うためには、以下のような巻き方をすればOK。【画像2】写真左:一般的に多いとされる、手前から奥に手に巻きつけていく巻き方。写真右:シングルの場合は、手前に引くように表が上になるよう意識して巻かないと裏面が肌に触れることになる(写真撮影/明日陽樹)

【画像2】写真左:一般的に多いとされる、手前から奥に手に巻きつけていく巻き方。写真右:シングルの場合は、手前に引くように表が上になるよう意識して巻かないと裏面が肌に触れることになる(写真撮影/明日陽樹)

関西では「経済合理性」重視のシングル派多数、関東では「品質」重視のダブル派多数!?

ダブルとシングルそれぞれの特徴が分かったところで、最も気になる「どちらがお得か」を聞いてみたのだが、お2人とも「個人差があるので……」と口をそろえる。予想どおりの回答ではあるのだが、どうしても知りたい! と食い下がってみたところ、「では、実際にやってみてください」と、サンプルを用意してくれた。

先に説明しておくが、トイレットペーパーの1ピッチは24cmとのこと。【画像3】点線から点線までを「1ピッチ」というらしい。1ピッチは24cm(写真撮影/明日陽樹)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。