ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ワシントンD.C.の基本情報とおすすめスポット12選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ヨーロッパの歴史が紀元前からあるのに対し、アメリカの歴史はほんの250年程度。

しかし、この短い間に飛行機が開発され、インターネットが普及し、手のひらに収まるほどになりました。
この国がきっかけに世界は大きく変わったのです。

そんなアメリカの政治の中心になるエリアには、アメリカのほぼ全てを知ることが出来る施設が多く点在しています。

とことん歩き回った私が、ワシントンD.C.の魅力をお伝えします。

 

ワシントンD.C.ってこんなところ

photo by Shutterstock

ワシントンD.C.(コロンビア特別区)と呼ばれる小さなエリアに、政治の中心がぎゅっと凝縮されています。

アメリカ大統領が就任する際、集まったたくさんの支持者の前で演説し、その光景が全世界に中継されますが、その演説の場所がここにある、アメリカ合衆国議会議事堂。

テレビ放送ではこの議事堂以外もちらほら映るため、もしかしたら見たことがある方も多いかもしれません。

観光の中心はワシントン記念塔から国会議事堂までを覆う、ナショナル・モールと呼ばれる大きな国立公園です。

ここに国立美術館や博物館、モニュメントなどが集まっています。

ナショナル・モールとは、厳密に国会議事堂からワシントン記念塔までのこと。歩くと大体30分程度かかります。
その周辺にあるホワイトハウスやリンカーン・メモリアルまで歩くと、大体1時間くらいかかる、とても大きな一帯です。

 

美術館や博物館の宝庫!

photo by Shutterstock

ワシントンD.C.というと、ホワイトハウスや国会議事堂など政治機関が集まるイメージが強くありますが、それ以上に多いのは美術館や博物館。全てが歩ける範囲に点在しています。

その多くは無料で提供されているので、アメリカの歴史に触れるのに絶好の場です。

世界で一番所蔵数が多い図書館も国会議事堂のすぐそばにあるため、資料が豊富。

さらに世界各国からこのワシントンD.C.へ観光客が訪れるため、カフェやレストランが多数あり、食事には一切困りません。
ちなみに私が訪れた世界各国にあるハードロックカフェは、店員さんがものすごくフレンドリーすぎて、驚きの嵐だったのを覚えています。

ハンバーガーやステーキなど、アメリカを代表する食事がメニューに並んでいますので、食事に困ったらぜひ、ハードロックカフェをオススメします。

 

政治の中心=デモが多い

言論の自由の主張が日本よりも激しいアメリカでは、大都市でのデモは頻繁に起こるそう。
特に、ワシントンD.C.は政治の中心だけあって、主張するのに最適な場。

もちろん国営の施設内で行うことは禁じられているのですが、ちょうど私が国立宇宙博物館で見学をしていた際、数人のデモ隊を警察官が逮捕している瞬間に立ち会いました。

手を後ろに回されて手錠が掛けられたシーンと、あんなに目がギラギラした警察官を見たのは、人生で初めてでした…。

その後国立宇宙博物館が一時閉鎖になってしまい、全てを見ることができませんでした。残念…

 

地下鉄やバスで移動はラクラク!

photo by 桃@Momo

地下鉄やバスなどの交通網がとっても充実しています。歩いても十分回ることは出来ますが、少し遠くに行きたい時も交通に困ることはありません。

ですがご覧の通り、真昼間でもプラットホームがとにかく暗い。ちょっと不気味な感じもしますが、車内は明るいのでご安心を。

海外の地下鉄って懸念されがちですが、ローカルの方の利用率も比較的高く、スーツをビシッと来たおじさん方も乗っています。

 

D.C.オススメスポットはこの映画から学ぶと◎

映画ナイト・ミュージアム2にはリンカーン・メモリアル、航空宇宙博物館、国立自然博物館など、ワシントンD.C.のおすすめスポットが多数出てきます。

CGで動いていた模型たちが、今にも動き出すかのように展示されているのが魅力的です。

ワシントンD.C.はお堅い政治のイメージが強いのですが、この映画を一度鑑賞してから訪れると、滞在が何十倍も楽しくなること間違いありません!

関連記事リンク(外部サイト)

謎の芸術家バンクシーのアートが全世界で話題に!
隠れた芸術的な世界。アートまみれのトンネル「Graffiti tuunel」5選
世界の美術館・博物館ランキング
アートの島「直島」の観光スポット15選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。