体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

須澤紀信がヤマハよりデビュー! レコ発ライブも開催!

シンガーソングライターの須澤紀信(すざわきしん)が10月4日に両A面シングル「はんぶんこ/夢の続き」を、ヤマハミュージックコミュニケーションズよりリリースすることが発表された。
須澤紀信 (okmusic UP's)

須澤紀信は長野県松本市出身。20代の葛藤を儚げながらも力強い歌声で歌うシンガーソングライターである。少年時代は野球に没頭し、進学した地元の高校でも野球を続けたかったが、理由あって夢半ばで断念。恋愛も携帯電話も禁止という全寮制の学校へ転校し、そこで先輩から譲り受けたアコースティックギターで初めて曲を作ったことが彼の音楽人生の始まりだという。

須澤の特徴は何と言っても歌詞と歌声。ハイトーンボイスとは違い、力強さの中にも何処までも優しく全てを赦すように包み込んだ唯一無二の歌声を持っている。また、物語の一片が切り取られたような情景を、独自の言葉で聞き手側のストーリーとしてすり替えてしまう詞の世界にも注目したい。

「はんぶんこ/夢の続き」には、“かけがえのない人に出逢えたよろこび”をテーマに歌った「はんぶんこ」、少年時代に思い描いていた大人像と、現在のギャップから自分を見つめ直す機会をくれる「夢の続き」、この2曲を表題曲として全4曲が収められている。YouTubeでは「はんぶんこ」を絵本タッチで綴った、貴重なデモ音源のミュージックビデオを公開中だ。

また、リリースを記念して各地でライヴ出演を予定している。須澤紀信の歌声に包み込まれるライヴを、是非この機会に体験してみて欲しい。

誰もが不安や葛藤を抱えて生きていく中で、うまく歩いていけない人達の気持ちに寄り添い、不器用ながらも真摯に歌う須澤紀信。あなたにはどのように届くだろうか。
「はんぶんこ(デモ音源ver.)」MV

https://youtu.be/XIPJZv-VNRkシングル「はんぶんこ/夢の続き」
2017年10月4日発売

YCCW-30065/¥1,111(税抜)

<収録曲>

1. はんぶんこ

2. 夢の続き

3. 君は誰かのヒーロー

4. 友だち

5. はんぶんこ(instrument)

※プレイパス対応商品:https://playpass.jp/
【リリース記念ライヴ】
9月28日(木) 東京・下北沢CLUB Que

10月11日(水) 愛知・新栄 SPADE BOX

10月17日(火) 東京・吉祥寺 曼荼羅

10月30日(月) 愛知・今池 3Star

10月31日(火) 愛知・車道 3Star

11月30日(木) 東京・下北沢CLUB Que

※他出演者と対バン形式
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会