ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

食事のテーブルが華やかに!? 光るソルトミル「SMALT」はスピーカーも搭載

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

食卓に欠かせないソルトミル。実際に使う頻度はそう高くなくても、テーブルの隅に置かれていることが多い。

そのソルトミルをよりおしゃれに、そして実用的にしたのが「SMALT」。なんと、マルチカラーに光らせてライトとして使え、また内蔵のBluetoothスピーカーから音楽を流すことができるというもの。食事時のムードが一気にゴージャスになりそうだ。

・アプリで好きな色に

SMALTはスマホとBluetoothで連携し、専用のアプリを使って好きな色に光らせることができる。色はアプリで設定できるのはもちろん、SMALTの上部にあるダイヤルを回して変えることも可能だ。

食事タイムをよりムーディーにしたいなら、ライトと併せてスピーカー機能も使うといい。スマホに入っている音楽を流せる。

・塩ディスペンサーとしても

もちろんSMALTは実際にソルトミルとしても使える。厳密にいえば、塩を挽いて出すというスタイルではないが、ミルのように料理にパラパラっと塩を振りかけられる。

ユニークなのが、SMALTはディスペンサー式でも塩を出せる点。SMALT上部にあるディスプレイを見ながらダイヤルを回して「テーブルスプーン8分の1分」などと選ぶと、それだけの量の塩がSMALT下部の引き出しに出てくる。

客を呼んでのホームパーティーなどで活躍しそうなSMALTは現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで99ドル(約1万1000円)〜となっている。出資は8月末まで受け付ける。

SMALT/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。