ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

防災用品にもなる!新発想のアウトドアグッズ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

機能性もファッション性も兼ね備えた新発想の防災アイテムが販売中。

防災ガールが「海と日本プロジェクト」の一環として展開中の「#beORANGE(ハッシュビーオレンジ)」オフィシャルアイテム、「#beORANGEミサンガ」と「#beORANGEラウンドタオル」がそれだ。

普段からも着用できる「#beORANGEミサンガ」1400円(税別)に採用している、耐久性と強度に優れたパラコードという素材は、止血帯やデンタルフロスといった多様な用途に応える機能を備えている。さらに、2017年版は、暗闇でも光る蓄光機能と、ファイヤースターター(火打ち石)も搭載。用途は、笛の他、火おこし、ものほし、シェルター、デンタルフロス、止血帯、着火剤、救助の合図、靴紐などとなっている。

「#beORANGEラウンドタオル」3400円(税別)は普段はレジャーシートやブランケットとして使える他、緊急時には裏返して津波を知らせる「オレンジフラッグ」としても使える。またビーチシートとして砂浜に敷いたり、体に巻いて着替えることができたりする。用途は、タオルケットをはじめ、オレンジフラッグ、ブランケット、ソファーカバー、ラグマット、ピクニックシート、ヨガマット、タオルケット、テーブルクロス、ベッドスローなど。表面は今年の流行のアビスブルーと海の朝焼けをイメージしたパープルピンクの華やかなタイダイ柄、裏面は鮮やかなオレンジ色。

備えあれば患いなし。ぜひ購入して、災害や事故に備えたい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。