ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【SPYAIR】 『JUST LIKE THIS 2017』 2017年7月29日 at 富士急ハイランド・コニファーフォレスト

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 今年で3回目を迎えた富士急ハイランド・コニファーフォレストでの『JUST LIKE THIS』は、剣闘士のような屈強な男たちがフラッグを掲げ歩き、まるでローマのコロッセオのような雰囲気。気になるオープニング曲は、なんと当日に会場限定発売された新曲「THE WORLD IS MINE」。ゴリっとした太いサウンドと力強いヴォーカルで、《すべては俺たちのもの》と欲望をぶちまける歌詞に客席が一気に沸き立った。また、いつもは終盤の盛り上げ曲として人気の「イマジネーション」を3曲目に演奏し、これまでとは違った展開で期待感を煽る。前半は「ファイアスターター」や「RAGE OF DUST」などの熱いアッパーのナンバーを次々と繰り出し、ファンは休む間もなく一緒に歌い腕を振り、ステージに視線を送った。
 (okmusic UP's)

 中盤のアコースティックコーナーでは、花道の真ん中で雨を浴びながら「Stand by me」などをしっとりと歌った。スタッフからテントを張ったほうがいいと提案があったそうだが、“みんなと一緒に雨を感じてやりたい”と断ったとのこと。メンバーは叩き付けるような雨を浴びながら、それも演出の一部と言わんばかりに、実に気持ち良さそうにステージを繰り広げた。昨年ヴォーカルVSラップのバトルで魅せたマイクバトルコーナーでは、今年はファッションVS筋肉の対決で「BRING IT ON〜Battle of Rap〜」を披露。UZ(Gu)とKENTA(Dr)の見事に鍛え抜かれた筋肉美に歓声が沸く場面も。

 またアンコールでは新曲「MIDNIGHT」を披露し、新たな魅力でファンを惹き付けた。大雨の中で全25曲を全力で熱唱。ファンもずぶ濡れになって一緒に歌い、悪天候をともに乗り越えた一体感で、一生の記憶に残るライヴになった。
撮影:鳥居洋介、三浦知也、中島未来/取材:榑林史章
セットリスト
1. THE WORLD IS MINE
2. LIAR
3. イマジネーション
4. GLORY
5. COME IN SUMMER
6. Blowing
7. ファイアスターター
8. RAGE OF DUST
9. Come on
10. No where, Now here
11. Be with
12. I want a place
13. Stand by me
14. BRING IT ON ~Battle of Rap~
15. ROCKIN’ OUT
16. Turning Point
17. THIS IS HOW WE ROCK
18. JUST ONE LIFE
19. ジャパニケーション
20. サムライハート(Some Like It Hot!!)
21. JUST LIKE THIS
22. 現状ディストラクション
<ENCORE>
1. MIDNIGHT
2. My Friend
3. SINGING
SPYAIR
スパイエアー:2005年結成。10年8月にシングル「LIAR」でメジャーデビュー。これまでに19枚のシングル、4枚のオリジナルアルバムを発表。東京ドームでのステージをバンドの次なる目標に掲げ、 新たなるフィールドに挑んでいく、いわば“戦への狼煙上げ”となる第1弾シングル「THIS IS HOW WE ROCK」を16年7月にリリース。11月には“戦い”をテーマにした「RAGE OF DUST」をリリース。TVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期OPテーマとして大きな話題を呼び、ロングセールスとなっている。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。