ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ゆる自炊】ポリ袋で安い! 早い! うまい! お肉やわらか「豚カレー丼」【今週は夏丼】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:yuu514:20170804131742j:plain

こんにちは、料理研究家のYuu*です。

今週は「夏の丼WEEK」ということで、お財布にやさしい簡単丼をご紹介させていただきます。

使う食材は、豚こまぎれ肉と玉ねぎのみ。しかも、食材も調味料も全てポリ袋に入れてもみ込み、あとは炒めるだけという簡単さ。具材にしっかり味が染み込むのはもちろん、玉ねぎの酵素のおかげで、お安い豚こまぎれ肉が、びっくりするほどやわらかくなるんです!

もうひとつのポイントは、隠し味のめんつゆ。ほんの少しですが、めんつゆを加えるだけでご飯との相性が抜群によくなりますよ~。

暑くなって食欲もなくなりがちですが、このスパイシー丼でささっと充電してください!

Yuu*の「豚こまカレー丼」

【材料】(2人分)

豚こまぎれ肉 200g 玉ねぎ 1/2個(100g) 温かいご飯 茶碗2杯分 バター 10g

(A) ウスターソース、ケチャップ 各大さじ1 カレー粉 小さじ1.5 しょうゆ、薄力粉 各小さじ1 めんつゆ(3倍濃縮)、コンソメ顆粒 各小さじ1

(用意するもの) ポリ袋 1枚 フライパン 1枚

作り方

f:id:yuu514:20170804131746j:plain

1. 玉ねぎは、薄切りにし、豚こまぎれ肉、(A)と共にポリ袋に入れ、よくもみ込む。そのまま10~20分ほどおいておく。

f:id:yuu514:20170804131754j:plain f:id:yuu514:20170804131758j:plain

2. フライパンに、バターを熱し、1をタレごと入れて、2~3分炒める。豚こまぎれ肉の色が変わり、玉ねぎがしんなりしたらできあがり。

3. 器にご飯を盛り、2をのせてお召し上がりください。

豚こまはお財布にもやさしい!

f:id:yuu514:20170804131738j:plain

この丼、作り方1で具に下味をつけた段階で保存できるのもうれしいポイント。たとえば前の日に袋でもみもみして冷蔵庫に入れておけば、次の日は帰りが遅くなったとしてもそれを炒めるだけですぐにおいしい丼がいただけます! 洗い物も少なくてすみますし、バタバタ忙しいウィークデーにはとっても重宝しますよ~。お財布にもやさしいので、お給料前のピンチのときにも大活躍!

それから、カレー粉は市販のカレールー1片を細かく刻んだり、おろし金ですりおろしたもの(冷蔵庫で冷やした方が削りやすいです)でも代用できます。その際は(A)のしょうゆ、薄力粉、めんつゆ、コンソメ顆粒は不要です。

「早くて、安くて、うまい」の3拍子がそろった一品、ぜひぜひお試しくださいね。

作った人:Yuu*

Yuu*

福岡市在住。彼と愛犬チワワとの2人+2匹暮らし。2015年1月に開設したブログは瞬く間に人気となり、多くの女性達の支持を集める。無理なく続けられ、かつ身近な食材や調味料を使った作り置き&スピードおかずをはじめ、彼の胃袋を離さない男子が好きそうなレシピを日々考案。 ブログ:作り置き&スピードおかず de おうちバル ~yuu’s stylish bar~ Facebook:@kitchen0514 レシピブログ:Yuu*さんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ウェブサイト:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

※この記事は2017年8月の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

昭和な雰囲気の店内で昭和な感性を持った姉妹が生み出す昭和な味のグルメ「みその葉」【福岡】
【検証】油の量で「から揚げ」のサクサク感は変わるのか? かたづけラクラク「揚げないから揚げ」
【ライスも炊ける】本格ポークカレーを電子レンジだけで作る方法【火を使わないレシピ】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。