体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ゆる自炊】ポリ袋で安い! 早い! うまい! お肉やわらか「豚カレー丼」【今週は夏丼】

f:id:yuu514:20170804131742j:plain

こんにちは、料理研究家のYuu*です。

今週は「夏の丼WEEK」ということで、お財布にやさしい簡単丼をご紹介させていただきます。

使う食材は、豚こまぎれ肉と玉ねぎのみ。しかも、食材も調味料も全てポリ袋に入れてもみ込み、あとは炒めるだけという簡単さ。具材にしっかり味が染み込むのはもちろん、玉ねぎの酵素のおかげで、お安い豚こまぎれ肉が、びっくりするほどやわらかくなるんです!

もうひとつのポイントは、隠し味のめんつゆ。ほんの少しですが、めんつゆを加えるだけでご飯との相性が抜群によくなりますよ~。

暑くなって食欲もなくなりがちですが、このスパイシー丼でささっと充電してください!

Yuu*の「豚こまカレー丼」

【材料】(2人分)

豚こまぎれ肉 200g 玉ねぎ 1/2個(100g) 温かいご飯 茶碗2杯分 バター 10g

(A) ウスターソース、ケチャップ 各大さじ1 カレー粉 小さじ1.5 しょうゆ、薄力粉 各小さじ1 めんつゆ(3倍濃縮)、コンソメ顆粒 各小さじ1

(用意するもの) ポリ袋 1枚 フライパン 1枚

作り方

f:id:yuu514:20170804131746j:plain

1. 玉ねぎは、薄切りにし、豚こまぎれ肉、(A)と共にポリ袋に入れ、よくもみ込む。そのまま10~20分ほどおいておく。

f:id:yuu514:20170804131754j:plain f:id:yuu514:20170804131758j:plain

2. フライパンに、バターを熱し、1をタレごと入れて、2~3分炒める。豚こまぎれ肉の色が変わり、玉ねぎがしんなりしたらできあがり。

3. 器にご飯を盛り、2をのせてお召し上がりください。

豚こまはお財布にもやさしい!

f:id:yuu514:20170804131738j:plain

この丼、作り方1で具に下味をつけた段階で保存できるのもうれしいポイント。たとえば前の日に袋でもみもみして冷蔵庫に入れておけば、次の日は帰りが遅くなったとしてもそれを炒めるだけですぐにおいしい丼がいただけます! 洗い物も少なくてすみますし、バタバタ忙しいウィークデーにはとっても重宝しますよ~。お財布にもやさしいので、お給料前のピンチのときにも大活躍!

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。