体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

注目すべきは夏の湿度!エアコンの快適で賢い使い方をプロに聞いてみた

環境省がクールビズで定めた28℃という設定目安の根拠が“なんとなく”だったとして「28℃設定は是か否か?」と議論になっている。

 

28℃でも快適に過ごせる日もあれば、不快に感じる日もある。例えば、湿度が低くカラリとした天気の日は日陰にさえ入れば涼しい。しかし、湿度が高くジメジメとした日は日陰にあってもうだるような暑さを感じる。

 
フーハ東京(fuha:TOKYO)新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル1F

 

ひょっとすると問題は、設定温度が高いか低いかではなく“湿度が高いか低いか”の差なのかも知れない。じつは、湿度の差を比較体験できる施設が、空調メーカーダイキン工業のショールーム「フーハ東京(fuha:TOKYO)」にあるという。

 

そこで今回は「フーハ東京」さんに取材のご協力をいただき、人間にとって快適な室温は何度か?またエアコンについて日頃、疑問に思っていることなどを伺った。

 
広報の方が案内してくれました。よろしくお願いします!

 

ダイキン工業は、大阪府に本社を置く空調機、化学製品の世界的メーカーである。雫(しずく)をイメージしたゆるキャラ“ぴちょんくん”でもおなじみ。

 
ピンクのお湯ぴちょんくん(エコキュート)や、日焼けしたソーラーぴちょんくんなど色々いる!

 

早速 “調湿”された部屋の快適さを比較体験できる「DESICA体感ルーム」に案内していただいた。

 

 

重い扉を開いた先は「部屋A」。この部屋の温湿度は【温度25.4℃/湿度68.1%】だ。続いて入った「部屋B」は【温度27.1℃/湿度42.4%】。

 

部屋Aは温度が25℃と低いにも関わらず、じめじめとした蒸し暑さを感じた。明らかに後から入った部屋Bの方が快適だ。27℃といえば、編集部の男性陣が暑さのあまり悲鳴をあげる室温だが、かなり過ごしやすい。

 

 

広報の方によると、温度は部屋Bの方が部屋Aよりも2℃ほど高いが、体感温度は部屋Aの方が高く感じる人が多いそうだ。

 

「このように湿度が高いと体感温度は高く感じます。夏場の暑い時期でも、湿度が低く適度な気流のある環境であれば、涼しさを感じることができます」と、快適に過ごすためには、温度だけでなく湿度も考慮することが大切と説明をうけた。

 

なるほど、温度だけでなくエアコンでいかに湿度や気流をコントロールし、不快指数を下げるのかがカギなのだ。

 

エアコンで冷やすと湿度が高くなる問題

しかし、エアコンを長時間稼働させているとジメジメと湿気が上り、不快になることはないだろうか。

 

エアコンの除湿機能は、部屋の空気を吸いこみ、室内機の熱交換器で空気中の熱を奪うことで水分を結露させる。水滴化した水分はホースを通じて屋外に出され、水分(湿気)が取り除かれたドライな空気のみを部屋に戻す。これが繰り返されることで温度と湿度を下げる仕組みになっている。

 
エアコンの内部。想像以上にメカニック…

1 2 3次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。