ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『怪盗グルー』シリーズがアニメーション映画の世界興行成績でトップに!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『怪盗グルー』シリーズがアニメーション映画の世界興行成績でトップに!

『怪盗グルー』シリーズは、『シュレック』シリーズを抜いて世界で最も収益を上げたアニメーション映画シリーズになった。これには、スピンオフ映画『ミニオンズ』も含まれる。

これまで、2010年『怪盗グルーの月泥棒 3D』(2010年)、『怪盗グルーのミニオン危機一髪』(2013年)、2015年のスピンオフ映画『ミニオンズ』(2015年)、『怪盗グルーのミニオン大脱走』(2017年)の4作品が世に送り出されているが、これらトータルの世界の興行成績が、何と35億2,800万ドル(約3,873億円)を記録したという。つまり、『シュレック』シリーズの興行成績31億1,000万ドル(約3,854億円)に”僅差で”勝利したことになる。

このシリーズの成功は、爆発的人気を誇る「ミニオンズ」の存在が大きいだろう。スピンオフの映画自体は勿論、キャラクター単体としても大人気だ。スティーヴ・カレルが声を担当する主人公グルーの仲間として1作目に登場し、その後、スピンオフの『ミニオンズ』が誕生した(『ミニオンズ』の第2弾は2020年に全米公開予定だ)。衣類やオモチャ、学用品、そして食品のパッケージに至るまで様々な関連グッズが販売されており、例えば「ヌテラ(チョコレートスプレッド)」などにプリントされた姿を見たことがあるはずだ。映画情報サイト「Deadline」は、「ユニバーサル映画史上最も数字を稼ぐ映画」と伝えている。

『怪盗グルーのミニオン大脱走』の世界興行成績は手堅く数値を更新し続けているのため、記録はさらに伸びそうだ。ユニバーサル社がこの可愛らしい黄色いミニオンたちの人気をキープし続ける限り、シリーズの快進撃は止まらないだろう。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『怪盗グルー』シリーズがアニメーション映画の世界興行成績でトップに!

NASA「惑星保護官」の求人に9歳の少年が応募し話題に

オバマ前大統領の長女マリアさん、ロックフェスではっちゃける姿が話題に【映像】

シルヴェスター・スタローンが『THIS IS US 36歳、これから』シーズン2に出演!重要な役どころを演じる

ヴィン・ディーゼルが『特捜刑事マイアミ・バイス』のリブートを計画中

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。