体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

摩訶不思議!? 究極の水切りを実現した「宙に浮いてる」ソープホルダー

生活・趣味
120409saop01.jpg

photo by BESIGN SHOP
石けん派の人ならグッとくるソープホルダーです!
ソープディッシュの水切りが悪いと石けんが溶けてしまって見た目も悪いし、お皿の掃除もちょっと面倒ですよね。
そんな難点を解消した、石けんが宙に浮くソープホルダーをご紹介。
 
一瞬、石けんが浮いてるように見える不思議さと、水切りの良さが一目で期待できそうな、スタイリッシュでシンプルなデザインです。
「え?いったいどんな構造になってるの?」と、興味がそそられる商品ですね。
実は石けんに商品付属の金属を埋め込み、磁石がついてるスタンドへくっつける仕様になっています。
この磁石式ソープホルダー、検索するといろいろなメーカーが出してるようですね(上の画像のものはドイツZACK社の「マグネティック・ソープホルダー」)。
タネ明かしをすると、思わずなーんだ、と言ってしまうほどの簡単構造ですが、良いアイデアほど拍子抜けするようなからくりだったりします。また、石鹸だけでなくヘアピンやアクセサリーなど、磁石にひっつくモノの小物置きとしても使えそうです。
筆者は時々石けんを作ってるのですが、手作り石けんは大変肌に良いものの、水切りが悪いと普通の石けんより溶けやすいですし、持ちが悪くなってしまうので頭を悩ませていました。
まめに洗えばいいのでしょうが、できるだけ洗わずに済ませたいと思っていました。ついでにできるだけ安価にすませたい、とも思っていたので、東急ハンズなどでネオジム磁石を使ってこういったソープホルダーをDIYしたことがあります。ですがデザインや造りは劣る上、結局高くついてしまいました。私は一体何やってるんでしょう(泣)。
このインテリアと利便性バツグンの水廻りアイテム、安価でよいデザインが増えているので、DIYをしようとする人は、材料を買う前に是非チェックです!
こんなん堂BESIGN SHOPmono shop
(スピたま)

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会