体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【かえひろみ×伊達軍曹と行く】ヘリテージカーの祭典「オートモビルカウンシル2017」レポート(後編)

▲やたらめったら車好きなタレントであるかえひろみさんと、中古車評論家・伊達軍曹によるヘリテイジカーイベントの調査報告、その後編です。ちなみに写真はボルボブースにあった顔出しパネルにて

▲やたらめったら車好きなタレントであるかえひろみさんと、中古車評論家・伊達軍曹によるヘリテイジカーイベントの調査報告、その後編です。ちなみに写真はボルボブースにあった顔出しパネルにて

車は人生のパートナー。だからちゃんと整備するのは当たり前!

FM NACK 5「Nutty Radio Show THE魂」やラジオ日本「Hello! I, Radio」などにレギュラー出演中のかえひろみさん(通称かえちゃん)は超絶車好き。そんなかえちゃんとカーセンサーでもおなじみの中古車評論家・伊達軍曹が「オートモビルカウンシル2017」に行き、比較的手頃な予算で狙えるヘリテイジカーを探してみることに。

▲前編では1000万円超級の高額ヘリテージカーを見て回った2人でしたが、後編ではかえちゃんの要望により「買えそうなヘリテイジカー」を中心にチェック。まずは69年式スバル360ヤングSSから

▲前編では1000万円超級の高額ヘリテージカーを見て回った2人でしたが、後編ではかえちゃんの要望により「買えそうなヘリテイジカー」を中心にチェック。まずは69年式スバル360ヤングSSから

▲48年前の車ですが、なぜか「逆に新鮮」なようにも感じられるデザインがステキです。中身的にも、選りすぐりのパーツを使って丁寧に組み上げられている1台

▲48年前の車ですが、なぜか「逆に新鮮」なようにも感じられるデザインがステキです。中身的にも、選りすぐりのパーツを使って丁寧に組み上げられている1台

軍曹:手頃な価格っていうとコレなんてどうよ? ちょっとハードル高すぎるかもしれないけど、69年式のスバル360。お値段はズバリ車両260万円。

かえちゃん(以下、かえ):有りか無しかで言えば、ぜんぜん有りです! カワイイ! これ、昔の軽自動車ですよね? 今でも普通に乗れるんですか?

軍曹:この個体に関してはフツーに走ると思うよ。ただし古い車なんで、買った後もそれなりのメンテナンスは必要だと思う。そのあたりの覚悟はどうなのよ? ただ「カワイイ!」だけじゃ済まないのがこの世界だぜ?

かえ:ノープロブレムですよ! あのね、ワタシにとって車というのはかけがえのない「パートナー」なんです。そんなパートナーをきちんと整備してあげるのは義務というか、ごく当たり前のことじゃないですか。違います?

軍曹:や、違いません……なんか、すんません。……えっと、次いきましょうか。通称カニ目、本名はオースチン ヒーレー スプライトMk.I。お値段は、ちょっと高いかもしれないけど、頑張ればなんとかなりそうな車両352万円。これはいわゆるブリティッシュ・ライトウェイト・スポーツの代表的なモデルで、日本でも多くのファンが……って、かえちゃん? どこ行った?

かえ:は~い、ここで~す!

▲……い、いつの間に!

▲……い、いつの間に!

カニ目のセンスとボルボ960セダンのシブさにホレた!

かえ:出展者さんに頼んで乗せてもらっちゃいましたー! だって、あまりにもおしゃれな車だったから。これ、ワタシ好きかも……。内装も外装もめちゃセンスいい。お値段も……ワタシには高いけど、なんとかならなくもないかもだし。……お仕事がんばります!

軍曹:ま、似合ってると思うよ。「美女とオープンカー」ってのはテッパンな組み合わせだしね。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。