体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【猫との暮らし】猫専用住宅「necoto」での暮らしぶりを取材してみた

猫にとっても、飼い主にとっても住みやすい部屋の条件とは? その答えを、猫と飼い主が一緒に暮らせる物件「necoto」で見つけた

猫を飼っていることで、申し訳ない気持ちがあった

世の中にペット可の物件はいくつもあるが、実は小型犬はOKだけど、猫は不可なんていう場合も。猫と暮している人の中には、なかなか理想とする物件に出合えなかったり、またペット可ではあるものの、周りの人が飼っておらず、肩身の狭い思いをしている人も多いのでは。

今回訪ねたM.D.さんも、かつてはご近所の目を気していた1人だった。M.D.さんが子猫のにゃー太を飼い始めたのは、今から1年と少し前のこと。

「知人のフェイスブックで捨て猫の里親を募集していて、少し興味があると伝えたら、とんとん拍子に話が進んで引き取ることになりました。もともと7年半ほどウサギを飼っていたのですが、少し前に亡くなってしまって……。実家で猫を飼っていて馴染みがあったこともあり、自宅に猫がウロウロしているのもいいなぁと思って、飼うことにしました」

生まれて間もないにゃー太はやんちゃな性格で、よくバタバタと動き回っていたそう。しかし、当時住んでいた部屋は築20年ほどで物音が響きやすい上、そもそもペットは認められていなかった。

「ウサギは鳴かないし、基本的にゲージ飼いで静かなため、特に問題はなかったのですが、猫はよく鳴きますし、動き回るので音が響きますからね。こっそり飼うのは難しいと感じました。隣近所の方に迷惑をかけているかもしれないと思うと、申し訳ない気持ちがありましたね」猫専用共生型賃貸住宅「necoto」との出会い

にゃー太を引き取ってから2ヵ月後、どうしようかと悩んでいた時に知り合いの紹介でたまたま見つけたのが、猫専用共生型賃貸住宅「necoto」だった。

当時はまだ建設途中だったが、図面を見て、使いやすそうな間取りであったことや、駅から歩いて6分という立地も気に入り、「ここしかない!」とすぐさま引っ越しを決意。他の物件は一切見なかったという。

「猫専用という点にとても魅力を感じました。居住者がみんな猫を飼っているなら、物音や鳴き声を気にしなくていいですし、やましい気持ちになることもないですから」

階段下の空間は、猫の隠れ家用に造られたもの。壁外は猫のつめがひっかかりにくい素材猫との暮らしやすさが、とことん考えられた部屋

「necoto」は単なる猫OKの物件ではなかった。
一般的な物件よりも天井が高く、棚として使えるキャットウォークが備え付けられている。
1階にあるM.Dさんの部屋はスキップフロアになっているため、リビングと寝室の境目にちょっとした階段があり、にゃー太はいつも部屋中を縦横無尽に行ったり来たりしているそう。

「前の部屋ではあまり動き回らないように扉を閉めていたんですが、この部屋はそもそも扉や壁で仕切られていない。猫が登れる場所がたくさんあるし、縦にも横にも猫が自由に動き回れるように設計されているんです」

棚にもなるキャットウォークで様々な運動ができる

猫を飼っている人にとっては壁に傷を付けられることが悩みの一つだが、この部屋の壁紙は一般的な賃貸物件よりも硬く丈夫な素材が用いられている。壁は猫の爪から守られているが、その代わりとしてにゃー太の遊び道具となっているのがソファだ。

「生地の部分が伸びるのが楽しいみたいですね。すっかりボロボロになってしまいましたが、これはもう仕方ないです」とM.D.さんは苦笑い。

また、瞬発力が高く、俊敏に動き回る猫にとって意外とやっかいなのがフローリングだが、この部屋は床も猫にやさしい仕様になっている。

「以前の部屋では床がツルツルと滑って、にゃー太が逃げる時に、よく車がドリフトをするような状態になってしまうことがありました。この部屋に住んでからは滑らなくなりましたね」

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。